賀寿

知っておきたい「賀寿」(長寿祝い)の基礎知識

長寿のお祝いである「賀寿(がじゅ)」には、年齢ごとに還暦、古稀、喜寿など、たくさんの種類があります。そこで、賀寿の種類やお祝いの仕方、知っておきたいマナーなど、賀寿に関する基礎知識をご紹介します。また、プレゼントを贈る際の予算や、贈りもの選びのポイントなども、確認しておきましょう。

※画像はイメージです

賀寿について

寿とは、節目の年齢に長寿をお祝いすることを指します。数え年61歳を祝う「還暦」や、数え年88歳を祝う「米寿」などがよく知られていますが、それ以外にも数え年80歳を祝う「傘寿」や、数え年90歳を祝う「卒寿」など、長寿のお祝いには意外と多くの年齢があります。

賀寿を祝うのは満年齢?数え年?

年齢が一般的な現在では、賀寿のお祝いをするときに一番頭を悩ますのは、お祝いをする基準は「満年齢」か「数え年」か、という点ではないでしょうか?数え年とは、生まれた年を1歳として、その後は新年を迎える度に1歳を加えて数える年齢のことです。

賀寿の多くは昔ながらの風習であるため、従来は数え年でお祝いするのが一般的でした。しかし近年では、満年齢でお祝いする場合が増えています。ただし、還暦だけは現在でも数え年の61歳(満年齢60歳)でお祝いするのが一般的で、お正月といっしょにお祝いすることも多くなっています。

賀寿の種類と基礎知識

寿には、次のような種類があります。※イメージカラーは、日本百貨店協会が提案したものを参考にしています。

賀寿の種類 年齢(数え年) イメージカラー 解説
還暦 かんれき 61歳 赤色 十干十二支の組み合わせで暦を数えると、干支は60年で一巡し、数え年61歳で生まれた年と同じ干支に還るため、「還暦」といわれるようになりました。
緑寿 ろくじゅ 66歳 緑色 昔からある賀寿とは異なり、日本百貨店協会が平成14年に新しい賀寿として提唱。緑緑(ろくろく)という語呂合わせから緑が祝いの色となっています。
古稀 こき 70歳 藍色 中国の唐時代の詩人、杜甫の「人生七十古来稀なり」(70歳まで生きる人は古来、珍しく希少である)という詩の一節に由来しています。
喜寿 きじゅ 77歳 黄色 「喜」という字の草書体が七を3つ重ねた形になり、「七十七」と読めることに由来しています。
傘寿 さんじゅ 80歳 オレンジ 「傘」の略字が八と十を重ねた形になり、「八十」と読めることに由来しています。
米寿 べいじゅ 88歳 ベージュ 「米」の字を崩すと「八十八」と読めることに由来しています。
卒寿 そつじゅ 90歳 紫色 「卒」の略字である「卆」が「九十」と読めることに由来しています。
白寿 はくじゅ 99歳 「百」から「一」を引くと「白」となることに由来しているとされています。
紀寿・百寿 きじゅ・ももじゅ 100歳 100歳のお祝いは一般的に百寿と呼ばれますが、ほかにも1世紀が100年であることに由来して「紀寿(きじゅ)」と呼ばれることもあります。

このほかにも、数え年100歳を超えた長寿祝いとしては、数え年108歳の「茶寿ちゃじゅ」、数え年111歳の「皇寿こうじゅ」などがあります。

賀寿のお祝いの仕方

寿のお祝いの仕方には、特別な決まり事はありません。還暦や米寿など、賀寿の中でも大きな節目となる年齢のときには、以前はご本人やそのご家族が主催者となり、お客様をお招きしてお祝いをするのが一般的でした。しかし最近では、ご家族が身内だけでお祝いの食事会を催し、記念の贈りものをするのが一般的となっています。

賀寿での贈りもの選びのルール

寿の贈りものをする場合の基本的なルールは、お誕生日の贈りものなどと大きな違いはありません。しかし、やはり避けるべきルールがいくつかあります。

色や形、意味が不祝儀を連想させるもの

葬儀、仏事などを連想させるものは、贈りものには避けるようにしましょう。例えば、花束を贈るときには、「供花」でよく使われる菊や寒色系ばかりでまとめたりすることは避けるようにします。

縁起が悪いとされる語呂を含むもの、別れを連想させるもの

櫛(くし)は、言葉の響きから「苦」や「死」を連想させるほか、昔から櫛の歯が欠けることが縁起の悪い凶兆とされていますので、贈りものには避けるようにします。ほかにも、ハンカチなどは別れの挨拶を連想させるため、長寿祝いには不向きとされています。

賀寿祝いの贈りものの予算

寿(長寿祝い)は、しきたりや習慣が地域によって大きな違いがあるほか、お祝いする方との関係性によっても予算は大きく異なります。しかし、一般的には次のような金額が目安とされています。

  • ・子供から親へ:30,000~50,000円
  • ・孫から祖父母へ:10,000~30,000円
  • ・親戚・知人・職場関係の方へ:5,000~10,000円

これはあくまで一般的な例ですが、職場の方でも特にお世話になっている場合には手厚くなど、お祝いされる方との関係性によっても異なってきます。また、贈りものの金額については、次のような点にも注意が必要です。

夫と妻の親に金額の差をつけない

夫と妻、双方の両親へ同じ年齢の賀寿の贈りものをする場合には、同程度の金額のものを選び、差をつけない配慮が必要です。

連名で贈る場合の注意点

親戚一同や同僚一同など、連名でまとまった金額を包むケースもあります。その場合に配慮したいのは、相手が返礼をする場合もあるという点です。一人あたりの金額があまりにも低すぎたり、逆に高すぎたりすると、相手が返礼に困ってしまいます。そのため、相手の負担にならない配慮が必要です。

賀寿の贈りもの選びのポイント

寿のお祝いに限らず、贈りものの基本は、「自分の趣味を押し付けず、相手の趣味や好みに合ったもの を選ぶ」ということにつきます。

ただし、長寿祝いのプレゼントは、「これからも若々しく人生を楽しんでください」という意味を込めて贈るものだという基本を押さえて、次のような点にも配慮しましょう。

贈る相手の健康状態を配慮

高齢者の場合、体力や健康状態などは、年齢よりも個人差が大きくなってきます。米寿(数え年88歳)を迎えても元気に歩ける方がいる一方、喜寿(数え年77歳)の方でも遠出をするのはもう不安という方もいらっしゃいます。贈りものを選ぶ際には、「この年齢だからこれ」と年齢だけを基準にするのではなく、お祝いする方の趣味はもちろん、健康状態に対する配慮も必要です。

高齢者の視点で選ぶ

賀寿のお祝いの品は、高齢者の視点で選ぶことも大切です。例えば、電化製品などを選ぶ場合は、最新式で多機能なものよりも、シンプルな作りで簡単に使えるものが喜ばれる場合があります。贈りもの選びに迷ったら、賀寿のお祝いのマナーなどをわきまえた販売員のいるデパートなどで、相談をしながら選んでみるといいでしょう。

賀寿のお祝いは、高齢の方ほどよくご存じですが、若い世代にはなじみの薄いものです。しかし、忘れられてしまうと、お祝い事だけに当事者は少なからずショックを受ける場合もあるでしょう。賀寿のお祝いは、決して大げさなものではなく、さりげない一品であっても、心を形にして伝えることが大切です。

高島屋の賀寿お祝い

SNSに投稿する

あわせて見たい関連記事

賀寿

知っておきたい「賀寿」(長寿祝い)の基礎知識

古稀

古稀のお祝いにおすすめのプレゼント3選

喜寿

喜寿のお祝いにおすすめのプレゼント3選

傘寿

傘寿のお祝いにおすすめのプレゼント3選

米寿

米寿のお祝いにおすすめのプレゼント3選

卒寿

卒寿のお祝いにおすすめのプレゼント3選

白寿

白寿のお祝いにおすすめのプレゼント3選

百寿

百寿のお祝いにおすすめのプレゼント3選

緑寿

緑寿のお祝いにおすすめのプレゼント3選