スイーツ

暑いからこそおいしい!
夏に人気のおすすめスイーツ

年々暑さが増している日本の夏。あらゆる場面で「涼」を感じながら過ごしたいものです。例えば、ご自宅でのおやつタイム。涼感たっぷりのおいしいスイーツをお取り寄せして、おうちでくつろぎながら「涼」を味わってみませんか。口に入れた瞬間のひんやり感が嬉しい「アイスクリーム」をはじめ、見た目が涼やかな「ゼリー」、至福の口当たりの「プリン」など。ギフトにもおすすめの涼感スイーツをご紹介します。

※画像はイメージです

ポイントは「気温」と「フレーバー」。おすすめアイスクリームの選び方

実はアイスクリームがおいしいと感じる条件に「気温」があります。20℃くらいの時は濃厚なアイス、夏日(25℃)〜真夏日(30℃)はさっぱりとしたアイスが好まれる傾向。さらに猛暑日(35℃)になると、かき氷といった「氷菓」の人気が一気に高まります。今年の夏は気温をヒントにアイスを選んでみたら、新しいおいしさに出会えるかもしれません。

*日本アイスクリーム協会「アイスクリーム白書 2019」より

アイスクリームや氷菓は豊富なフレーバーも魅力です。

男女問わず不動の人気は「バニラ」。さらに最近は「抹茶」や「あずき」「きなこ」といった和フレーバーも新たな定番になっています。

特に「抹茶」は様々な年代で支持される人気フレーバー。日本の夏には、やはり「ニッポンの味」がしっくりきますね。

アイスは外出先で買おうと思うとなかなかタイミングが難しいスイーツです。溶けるリスクが気がかりで慌てて帰るのもナンセンス。

その点、クール便で届くお取り寄せなら、溶ける心配もなく好きなアイスを、好きなタイミングでおいしくいただきましょう。

参考HP:日本アイスクリーム協会

涼感誘う、おすすめゼリー&寒天

透明感の高いゼリーや寒天は、夏に嬉しい涼感スイーツ。いただく前、すでに見た目から「涼」を感じることができます。

ゼリーも寒天も、もともとの材料に色や味はほとんどついていません。そのぶん合わせる素材の魅力を最大限に味わうことができるという利点があります。

果肉を丸ごと閉じ込めたり、果汁の鮮やかな色を生かしたり。果物とスイーツの両方が好きな方へのギフトにおすすめです。

ちなみに最近よく耳にする「ジュレ」はフランス語でゼリーの意。状態をより柔らかく仕上げたものをジュレと呼ぶようです。

プルッとした食べ応えのゼリー、口のなかでクシャっと砕ける寒天、トロっとしたのど越しのジュレ。三者三様、気分と好みで選んでみるのもよいでしょう。

やさしい食感で元気をチャージ。プリンが夏におすすめなワケ

プリンの魅力はなんといってもその食感。大きく分けて2つのタイプあります。

なめらかタイプ
→ 生クリームなどを使って仕上げるため、リッチな味わい。昨今のプリン人気の主流となっています。よく冷やしたプリンのとろんとした食感はたまりません。

しっかりタイプ
→ 昔ながらの固めのプリンは素朴なおいしさで根強い人気があります。お皿にのせてデコレーションすれば見た目もかわいく、おやつタイムのテンションもあがります。

プリンは、なめらかタイプもしっかりタイプも、口当たりよし。小さなお子さんはもちろん、やわらかい食感を好まれる年配の方にもよろこんで食べていただけそうです。

年代問わず幅広く好まれるプリンは、手頃な手土産としてもおすすめです。

夏のスイーツをギフトにする際の注意点

夏の冷蔵庫・冷凍庫は混みあいがち。ギフトで贈る際は、先様の冷蔵庫・冷凍庫の状況も考え、到着日の予定を先にお知らせしておくとスマートです。

見た目やのど越しの「涼」だけでなく、暑い季節に食べて元気になる涼感スイーツがたくさんあります。おいしいスイーツで、今年の夏を乗り切りましょう。

SNSに投稿する

こちらもおすすめ

あわせて見たい関連記事

フード

おすすめの「おいしい常備食」とは?非常時に備えて長期保存できるものや、簡単時短フードなど多彩に!

おうちで楽しむ

おうちで作る、楽しむ!おすすめの料理やお菓子、キット・ゲーム

フード・スイーツ

ホテル・名店のおすすめグルメギフト。ご自宅でプチ贅沢はいかが

スイーツ

暑いからこそおいしい!夏に人気のおすすめスイーツ

フード

ご飯のおともにおすすめ!白米に合う、お取り寄せ人気グルメ

フード

お酒好きは、おつまみにもこだわる!ビール、ワイン、和のお酒におすすめのおつまみ