高島屋のお歳暮

お歳暮

"こころ"が伝わる最適な贈り物とは?お歳暮選びのコツとマナー

お歳暮は、日ごろお世話になっている方や、仕事上でお付き合いのある方へ、感謝の気持ちを伝える季節のごあいさつ。贈る相手に喜んでもらえるよう、上手に贈り物を選びたいものです。でも、どんなところに気を付けたらよいのでしょうか。「予算は?」「商品は?」「贈る時期は?」。お歳暮の選び方と贈り方のマナーをご紹介します。

協力:All About
※画像はイメージです

贈る相手を思う気持ちを表すお歳暮

お歳暮は、先祖の御霊を迎える御霊祭で、お供え物や贈り物をしたという日本古来の習わしが起源とされていますが、一般の生活に取り入れられるようになったのは江戸時代。年の暮れに、年神様に供える物品を本家や家元へ家族が持ち寄るようになり、帰省できない分家などはお供え物を本家へ贈っていたのだそうです。それがやがて、今日のような親しい人へ贈り物をする風習に変わっていきました。

お歳暮の定番ともいえる新巻鮭や数の子などは、かつては年神様に供える神酒の肴として贈られていました。昔から、年越しをしてお正月に備えるために考えられた、保存がきく一番のご馳走だったわけで、今現在まで伝承されているおせち料理の代表的な食材です。「新年を迎えるお祝いのための、少し贅沢な品物」を贈る行為には、相手を思いやる、日本人らしい“こころ”を感じられますね。

>お歳暮特集はこちら

まずは、これを押さえて!お歳暮マナーの基礎知識

お歳暮を贈る時期は、12月上旬から25日頃までが適当とされていますが、最近では11月下旬頃から贈る方も増えています。「紅白の蝶結びの水引」と、品物が生ものでなければ「のし」もつけて贈ります。のし紙の表書きは「御歳暮」とし、下に自分の名前を記します。

本来は相手先に訪問して手渡しするのがマナーでしたが、現在は配送するのが一般的になっています。基本的にお返しは不要なものの、いただいた場合にはなるべく早く電話やメール、またはお礼状などで感謝の気持ちを伝えましょう。

>お礼状の書き方はこちら

やむを得ず時期を逃してしまった場合は、年が明けてから贈りましょう。関東地方では1月7日(松の内)までに、関西地方では15日までに表書きを「御年賀」として贈ります。その後立春(2月4日頃)までの間なら「寒中御見舞」として贈ります。その場合、先方にお歳暮として贈れなかったことをお詫びして、年明けに贈る旨を手紙か電話で一言伝えるのがマナーです。のし紙は、お歳暮同様、「紅白の蝶結びの水引」と、品物が生ものでなければ「のし」をつけたものでOKです。

>お歳暮のマナーを詳しくみる

押さえておきたい選び方のポイント! お歳暮におすすめの品物

まず気になるのは「予算」。一般的な金額の目安は、3,000~5,000円ですが、お世話になった度合で予算を変えてもOKです。例えば、仲人や先生など「とてもお世話になった人」へは1万円~3万円、「日ごろの感謝とごあいさつをしたい人」へは5,000円位が目安です。

では、“こころ”が伝わるお品とは、どんなものがあるのでしょうか。ポイントは、季節感を意識したもので、日持ちするもの、新しい年を気持ちよく迎えていただけるものです。

●食べ物・飲み物

家族構成への配慮はマスト。夫婦二人なら贅沢な高級ワインや、食べ切りサイズや個包装のものを。お子さんがいるご家族には、かわいい缶に入ったバラエティに富んだ焼き菓子もいいでしょう。最近は、産地直送の特産品や希少な珍味も人気。お酒におつまみを添えたり、豆皿と一緒に贈ったりするのも気の利いた贈り物となります。

●スイーツ

小分けされたもので、日持ちするものが◎。賞味期限が最低でも3日から1週間あるものにしましょう。日持ちばかりを気にすると、スタンダードなものになってしまいがちなので、賞味期限の短い話題のスイーツやおしゃれなケーキなどを、直接お会いして渡すのもおすすめです。

●洗剤

海外発のランドリーブランドのものや、オーガニック系の洗剤など、おしゃれなパッケージの商品が豊富です。普段使いの洗剤よりも“ちょっと贅沢”なものを選ぶと喜ばれますよ。素材やデザインの優れたタオルと合わせて贈るものよいでしょう。

贈り物を持参すると気持ちがより伝わる

「贈り物は何にしようかな」と、相手を思いながらお歳暮を選ぶのは楽しいもの。こころを込めて選んだものならば、どんなものでも喜ばれるはずです。でも、相手に気持ちをより伝えるためには、先方のお宅や会社に訪問して、直接手渡すとよいでしょう。高島屋オンラインストアでは、品物を手渡しするための配送方法も選べるので、用途に合わせてそういったサービスを利用するのも上手な贈り方ですよ。

SNSに投稿する

あわせて見たい関連記事

お歳暮

感謝を伝えたい…あの人に贈る「とっておきのお歳暮」

お歳暮

一年の感謝を伝えるお歳暮。食のプロがおすすめする「感謝が伝わる」贈りものとは?

お歳暮

歌舞伎界に学ぶ!"粋と艶"の日本文化をつなぐ、贈りもの選び

お酒

ギフトで贈るならココに注目! プロが教えるお酒選びのポイント

スイーツ

スイーツジャーナリスト平岩理緒がおすすめ! 手土産・ギフト向けスイーツの選び方

お歳暮

知っておきたい、ビジネスで贈るお歳暮のポイント

お歳暮

“こころ”が伝わる最適な贈り物とは? お歳暮選びのコツとマナー

お歳暮

1年の感謝の気持ちを贈る!
お歳暮の添え状・送り状のマナー

お歳暮

お歳暮をいただいたらお礼状を書きましょう

お歳暮

お中元・お歳暮の意味と違い
贈りものの時期・マナーや金額相場

お歳暮

意外と知らないお歳暮の「のし」のマナー

お歳暮

時期、相場から喪中時の対応まで、知っておきたいお歳暮のマナー

お歳暮

お歳暮でお世話になった人や友人・知人に感謝を表そう