出産のお返し

新常識!新米ママの出産内祝いこそ「相手別の贈り分け」がいい理由って?

気遣い上手な「新米ママ」世代こそ、贈るお相手との親密度や目上の方にもふさわしい贈りものを巧みに選び、使い分けたいと考えています。それにより、昨今は出産内祝いにおいても、贈るお相手に合わせた「贈り分け」が常識となりつつあります。どなたにも快く喜ばれる「贈り分け」のスタイルをご紹介していきましょう。

協力:All About
※画像はイメージです

【ガイドプロフィール】

冨田 いずみ(とみた いずみ)

フトコーディネーター。食品、ファッション、インテリアなど様々なショップを回り、自分の目で見て手に取って確かめた、感度の高いギフトをマナーと共に紹介します。現在は、ライター業のみならず商品の企画宣伝、スタイリングまで幅広く携わり、TVや雑誌などマスコミ出演多数。

SNS世代がママになり、「出産内祝いの贈り分け」が常識に?

  • ※画像はイメージです

今、改めて「出産内祝い」の贈り分けに注目が集まっています。その背景には、SNSネイティブ世代が新米ママ・パパになりつつあることが関係しています。まず、第1子出産年齢の平均が30.7歳(2015年人口動態統計/厚生労働省より)であることから逆算すると、多くの方が高校時代から携帯電話を所有し、大学生時代にはSNSの黎明期を迎えた世代であることがわかります。

友人関係や日常の情報だけでなく、出産・結婚などのお祝いごとに関してもリサーチ力が高く、相手との親密度に敏感で、その関係性にふさわしい感謝の伝え方をしたいと考えています。ネットとリアルを駆使し、周囲の親戚や先輩方、知人友人の実例を加味することで、しきたりやマナーをおさえた正しいタイミングで出産内祝いを贈る方が9割以上というデータもあります。

以上のことから、これから新しくパパママになる世代もより、それらを重視し、贈る相手に合わせた品物を選び分ける「贈り分け」が常識になっていくことが考えられます。改めてどなたにも喜ばれる「出産内祝いの贈り分け」について考えていきましょう。

出産内祝いとは? 赤ちゃん誕生の喜びを「お福分け」する慶事

  • ※画像はイメージです

産内祝いとは、そもそも赤ちゃんの誕生を身内で祝い、このおめでたい幸せをともに祝福いただける親しい方々にその子の名前や顔のお披露目をするものでした。幸福を分かち合うために「お福分け」をする慶事とも言われます。昔は慎ましく均一な紅白饅頭や砂糖菓子など、縁起のよいものをほんのご挨拶としてお配りするものでしたが、最近は「出産祝いのお返し」という意味合いも含め、身内だけでなくお世話になった方々に広くお贈りするようになってきています。

お世話になった方々へ末永くお付き合いいただけるようにお贈りするのですから、それぞれの方の暮らしや好み、立場や関係性に合ったものを選びたい。そんな気持ちから「贈り分け」が一般的になったのです。

贈り分けの方法としては、続柄・間柄などの関係性・親密度によって大別し、さらに年齢別・男女別、既婚・未婚、お子様の有無など、きめ細かな贈り先のデータにより、必要に応じて細分化するのが好適です。

一般的に贈る対象は以下の5つに大別されます。

1.両親や義両親、兄弟姉妹への出産内祝い選びは?

  • ※画像はイメージです

両親や義両親、兄弟姉妹への出産内祝いは、基本的にはどんなものでも喜んでもらえる近しい間柄。とはいえ、それに甘えることなく愛情や信頼、感謝や敬意の思いを込めることが大切です。人の親となって初めて分かる尊い繋がりを感じられるものを贈りましょう。例えば、素材や質のよさをあらためて知ることができる味わい深いもの、肌ざわりのよいものが好適です。豊かな滋味の本場産地の食や飲料、寝具やタオルなども喜ばれることでしょう。

一方、避けたほうがよいのは、例え人気の品であっても、ポップで一過性の強いものやキャラクターアイテムなどです。自分たちの好みや赤ちゃんのイメージでだけで明るく可愛いものを選ぶのではなく、あくまでこれまでの自分たちを支えてくれた最も近親者である方々を主役に考えることが肝心。お子様らしい色柄のものや実用性のないものも、同世代のお子様がいらっしゃる方以外は、どうしても持て余してしまう可能性が高くなります。

おすすめはこちら

出産内祝いをもっとみる

2.親戚や友人・知人への出産内祝い選び

  • ※画像はイメージです

親戚や知人友人と言っても、間柄によってかなり差があります。とはいえ、付かず離れずの間柄でも、頻繁に親しくする間柄でも、ともに信頼と信用が伝わるものを選べればよいですね。そこでおすすめなのは、話題性がありながら、見た目や味わいがともに楽しめる「消えもの」、つまり、グルメ、洗剤や入浴剤類などを選択することです。もちろん、親しい間柄であれば、お子様誕生のお知らせが二義的となるくらい、相手思いの品を選別するのが一番。いずれも悩んでしまう場合は、バウムクーヘンやカステラなどのおいしい焼き菓子であれば縁起もよく、多くの方に喜ばれることでしょう。

逆に避けたほうがよいのは、相手の味覚に沿わないもの、高価すぎるもの、趣味が分かれる雑貨類です。とくに、記念日や名前が入れられた「記念品」も持て余してしまうことになるでしょう。

おすすめはこちら

出産内祝いをもっとみる

3.会社やサークル・グループへの出産内祝い選びは?

  • ※画像はイメージです

連名の「一同」でいただいた出産祝いの返礼としては、仕事やサークル活動などの合間に、気軽に小分けできる個包装のお茶菓子やコーヒー、紅茶などの手軽な飲料が望ましいでしょう。

団体に1つという贈り方になるため、切り分ける必要のあるワンホールやロール状のケーキや棹物は、その手間などを考慮して避けるのが望ましいもの。贈り先が大勢であれば「甘いものが苦手な方」「苦手な味付けがある方」もいらっしゃるので、1種類の味ではなく詰め合わせタイプのものを選ぶとよいでしょう。

おすすめはこちら

出産内祝いをもっとみる

4.独身男性・女性の知人・友人は「ペア」や「ファンシーアイテム」は避ける

  • ※画像はイメージです

まずおすすめしたいのは、フェイスタオルやスポーツタオル、バスタオルです。基本的には、ペアや2個セットものではなく、良質なものを1枚で贈った方がよいでしょう。食べ物を贈る場合、一律に選ばれた感じの強い焼き菓子などより、質のよいドリップコーヒーや紅茶なども喜ばれます。天然由来成分のハンドクリームやリップクリームなど、ご自身のケアに活用できるものも男女ともに好適です。もちろん、必要なものや好きなものを選んでいただけるカタログギフトもベターです。

逆に、避けたほうがよいのは、赤ちゃんのイメージ本位で選ばれたファンシーで可愛すぎるデザインのもの。ハンカチタオルや装飾つきのお菓子は、そぐわないケースも。また、贈りもの本体に名入れを施し、印刷・刻印・刺繍が外せないものも持て余してしまうことが多いでしょう。

おすすめはこちら

出産内祝いをもっとみる

5.既婚の知人・友人は、「お子様の有無」で贈り分けを

  • ※画像はイメージです

話題のお菓子、飲料なども問題なく贈ることができますが、既婚のご夫婦やファミリーの場合、家族の生活に役立つキッチングッズやバスグッズ、しかも、上質で趣味のよいものが喜ばれます。普段の調理に使えるだしや調味料、珍味、また洗剤なども可。自分たちでは買い控えているちょっと贅沢な日用品や必要なものを選べるカタログギフトもよいでしょう。同世代のお子様がいるファミリーの場合、赤ちゃんから「仲良くしてね」という意味を込めて、あえてお子様の喜びそうなプリンなどのお菓子をメインにしても楽しいですね。

一方、お子様がいない既婚の知人・友人の場合、独身男女の場合と同じく、赤ちゃんアピールは控えめにしましょう。商品やラベルに書き込まず、別添えのカードで赤ちゃんのお名前を紹介する程度にとどめるのが無難です。相手のライフスタイルに合うもの、できればシックなパッケージのものを選びましょう。

おすすめはこちら

出産内祝いをもっとみる

「オリジナリティ」と「信頼性」で、目上の方への敬意を伝えましょう

相手別の出産内祝いの贈り分けについては以上です。贈り手である新米パパママにとって贈り先の方々は、年下の兄弟姉妹や親類、親しい友人知人を除き、ほとんどが目上の方となります。新しい家族のひとりとなる小さな命の誕生をお知らせするのですから、礼を尽くし敬意を表せる贈りものに想いを託したいもの。

昨今、お祝いの品は様々な場所で購入できますが、人様に長く愛され親しまれてきた実績のある、老舗ブランドや老舗デパートは、その安心と信頼が味方になります。その包み紙を見ただけで変わらぬ安心感と高級感が伝わることでしょう。髙島屋のオリジナル商品や限定スイーツなど、普段なかなか入手できないものも、大変喜ばれる希少性の高いお祝い品となることでしょう。

また、オリジナリティでいえば、多彩な名入れサービスを活用するのもひとつの方法です。商品に赤ちゃんの名前を冠することで、世界に唯一無二の記念すべきお祝い品となります。前述の通り、近しい間柄以外の方には、「消えもの」のラベルやパッケージへの名入れにすることで、多くの方に喜んでいただけます。

喜ばれてこその贈りもの。家族となって最初の贈りものとなる出産内祝い。主役は可愛い赤ちゃんですが、贈り先様を第一に想う心も大切です。ぜひ、「もらって本当に嬉しいもの」を贈りたいものですね。

SNSに投稿する

あわせて見たい関連記事

出産のお返し

新米パパママ必見!名入れ・名づけトレンドに学ぶ、印象に残る出産内祝い選び

出産のお返し

新常識!新米ママの出産内祝いこそ「相手別の贈り分け」がいい理由って?

お酒

ギフトで贈るならココに注目! プロが教えるお酒選びのポイント

スイーツ

スイーツジャーナリスト平岩理緒がおすすめ! 手土産・ギフト向けスイーツの選び方

出産のお返し

出産内祝いのメッセージカードやお礼状、伝わる文例9パターン

出産のお返し

出産内祝いは名入れギフトがおすすめ!絶対に喜ばれるアイテムの選び方&贈り物15選

出産のお返し

出産内祝いにおすすめのギフト選び!人気の贈り物は?名入れはOK?

出産のお返し

出産祝いをもらったら、お返しに出産内祝いを贈る

出産のお返し

お返しに留まらない!印象に残る今どきの出産内祝い