出産のお返し

出産祝いをもらったら、お返しに出産内祝いを贈る

出産祝いをもらったら、「お返し」として贈るのが「出産内祝い」です。では、いつごろ贈ればよいのか、金額の相場はいくらか、ご存じでしょうか。分からないというお母さんや家族のために、赤ちゃんの誕生を喜んでお祝いをくれた人たちに、お礼の気持ちをしっかり伝えられることができる、出産内祝いのマナーをご紹介します。

協力:All About
※画像はイメージです

1.出産内祝いの基礎知識

①出産内祝いとは?

出産内祝いは、いただいた出産祝いへの「お返し」として贈られることが多くなりました。しかし、本来はお返しではなく「幸せのおすそ分け」という意味を持っています。「わが家におめでたいことがありました」という喜びを表し、ともに祝ってもらうための風習なのです。そのため、昔は出産祝いをもらうより先に出産内祝いを贈っていました。出産時のみならず、内祝いは入学や成人や結婚などでも同じように、幸せのおすそ分けという意味合いを持って贈られます。現在は、出産祝いのお礼としてお返しするのが一般的です。

②出産内祝いを贈る時期は?

出産祝いをもらう時期は出産後1週間から1か月以内というケースがほとんどなので、生後約1か月のお宮参りまでをめどにお返ししましょう。早めに出産祝いをくれた人に対しては、早めにお返しをしても構いません。お宮参りが近づいたら、いただいた人、それぞれに対して、まとめて贈るのもよいでしょう。

生後約1か月以内に間に合わなかった場合は、産後2か月以内に贈りましょう。また、出産祝いを遅めにいただいた場合には、その都度、出産内祝いをお返しするのがマナーとなっています。

赤ちゃんを産んだあと、お母さんや家族は退院や子育て、育児をするのに足りないものの購入などでとても大変です。また、お母さんは体調がすぐに回復するとも限りません。そこで出産前や入院中にあらかじめ、どのようなものを贈るか検討しておきましょう。直接手渡しできないことが多いはずなので、出産祝いをいただくと思われる人の目星をつけておいて、事前にその人たちの住所を確認しておくとスムーズにお返しができます。

2.産前からの準備が肝心!出産内祝いをスムーズに贈るには?

出産前にすべきこと、出産後でもできることを知っておけば、出産内祝いもスムーズに行えます。これなら、初めての人も安心できるはず。

時期 しておくこと・進め方 要注意ポイント
妊娠8か月ごろ 贈り先を想定し、住所や嗜好などの情報を整理しておきましょう。年賀状などの住所録を活用するのがおすすめ。 仕事をしている方は、産前休暇の前に職場の住所なども確認しておきましょう。
妊娠9か月ごろ 商品をチェックして、贈る品物をリストアップしましょう。 出産内祝いの相場は半返しが基本なので、金額ごとにいくつか選んでおくとスムーズです。
出産
産後1~2週間目 出産祝いが届き始めるころ。贈っていただいた方の名前、品物、金額をリストにまとめます。 贈りもれがないよう、よく確認すること。里帰り出産をするなら、ご主人と密に連絡を取りましょう。
産後3~4週間目 品物を選び、発送手配を行います。相手の年齢や好みも考慮したものなら、受け取った方の喜びも倍増! 出産内祝いを贈るタイミングは、産後1か月後が目安。後からお祝いをいただいた場合は、その都度お返しをしましょう。

3.出産内祝いのおすすめや定番アイテムと相場

①出産内祝いのおすすめや定番アイテムは?

「出産内祝い」には、「子宝に恵まれた幸せのお福分け」という意味が含まれ、赤ちゃんの初めてのご挨拶になります。また、赤ちゃんの誕生の報告と、赤ちゃんの名前のお披露目にもなりますから、「よろしくお願いします」という気持ちを込めて、贈り物を選ぶとよいでしょう。

②出産内祝いには、どのようなものを贈るべきでしょうか?

出産内祝いといえば、お菓子やジュース、コーヒー、紅茶、お米、お酒などといった、食品類が定番です。ただし、贈るときには量に注意。家族がいる人と、一人暮らしの人では、消費できる分量が違うので、相手の状況を考えて“適量”を贈るようにしましょう。また、小さなお子様がいる家庭に向けては、たとえ両親がお酒好きだとしても、家族全員で楽しめるスイーツなどにするなどの配慮も大切です。

高島屋バイヤーおすすめ!出産内祝いのアイテムはこちら

③出産内祝いの相場は?

出産内祝いの予算は、いただいた品物の2分の1を目安にした「半返し」がよいとされています。しかし、身内や上司などから高額な品をもらった場合には3分の1以下でも問題はありません。一般的な出産内祝いの相場は3,000円程度です。

4.出産内祝いを贈る際のマナー

マナーとしては、贈り物に不向きな刃物や割れ物は避けたほうがよいでしょう。ただし、食器類は割れ物ですが、喜ばれることが多いため、あまり神経質になる必要はありません。気になる場合は、カタログギフトで食器類を選んでもらうという方法もあります。

また贈り物の基本として知っておきたいのが、のし紙です。出産内祝いの場合、「内のし」にするのが一般的です。内のしとは、包装紙の下につけるのしのことです。(※1)お祝いの品が入ったボックスに直接、のし紙をつけ、その上から包装紙でくるみます。水引は紅白の蝶結びを選びましょう。のしには、赤ちゃんの名前を記載してください。読みづらい名前であれば、ふりがなをふるのも気遣いになります。(※2)

※1 のし紙をつけた上から包装紙でくるむのが「内のし」
※2 のしには赤ちゃんの名前を記載するほか、短冊をつける場合もあります。

出産内祝いにはあいさつ状やメッセージカードを添えましょう。特に目上の人に対しての贈り物は、品物だけでは失礼ととられてしまうことが少なくないからです。

メッセージカードにはお祝いの品に対する感謝、これからの支援を願う言葉、相手の発展を願う言葉を書きます。赤ちゃんの名前と読み方、名前の由来、性別も伝えましょう。母子の様子を添えておくと、なおよいでしょう。出産直後で大変な時期に、出産内祝いを贈るのは簡単なことではありません。妊娠中、早めに準備を始めるなどの工夫をしておくことで、お礼の気持ちが伝わるお返しをすることができます。

5.失敗しない!出産内祝いで気をつけたいNGパターン

①出産内祝いを贈ってはいけないタイミングとは?

相手が喪中の場合、贈るタイミングに配慮しなければなりません。服喪期間(一般的に、49日までが忌中、1年間が喪中)は悲しみに包まれ、何かと慌ただしくされていますし、そもそも「祝い」という気持ちにはとてもなれない状況かと思われます。

とくに忌中の間に共に祝福いただくというのはおこがましくマナー違反になりかねませんので、少なくとも四十九日が過ぎてから、つまり相手が落ち着かれたころに贈るとよいでしょう。

そして贈る際は、のし紙の文言にも注意が必要です。出産内祝いののしの表書きには「内祝」と書くのが一般的ですが、相手の心情を考えて「祝」の文字は避けることをおすすめします。出産祝いをいただいたことへの感謝や、無事に赤ちゃんを迎えられたことのご報告の意を込めて、のし書きは「御礼」として贈りましょう。

②タブーとされる出産内祝いはどんな品物?

出産内祝いにふさわしくない品物がいくつかあります。仏事でよく用いられるものや、縁起が悪いとされるものは避けるようにします。

例えば、弔事に用いられる緑茶や、香典返しを連想させるようなせっけん類や洗剤類。「縁を切る」につながる刃物や、「苦」や「死」をイメージさせる櫛(くし)もおすすめできません。最近はヒマラヤの岩塩やハーブソルトなど、おしゃれな塩もたくさんありますが、「お清めの塩」を連想するため、塩もあまりふさわしくありません。

タオルは慶弔ともに使われますが、清潔な白や明るめの色で、ガーゼや素材が柔らかで赤ちゃんの肌を連想させるような手触りの心地よいものなど内祝い品として好適です。また、紅茶や砂糖も問題ありません。ただし、お祝い品に関しては、地域の風習やしきたりに準ずる場合もあるので両親や近親の年長者に学びましょう。

出産内祝いには、できれば現金ではなく、品物を贈りたいものです。出産祝いとして現金や商品券をいただくことはあっても、内祝いとしてはやはり赤ちゃん誕生を知らせるお祝いの品がふさわしいでしょう。相手が上司や目上の方であれば、なおさらタブーとなります。中には「無礼だ!」と、かなり不快に思われる方もいらっしゃるので注意しましょう。

昔から、年長者への贈り物は“消えもの”がよいとされています。お菓子などの食べ物や日常に使われる消耗品などを選ばれるケースが多いようです。

心を込めて選んだ「出産内祝い」を、相手に喜んでもらえたら嬉しいですよね。だからこそ、気づかないうちにマナー違反を犯してしまうのは絶対に避けたいものです。祝福してくれる気持ちにきちんとお応えするためにも、相手の立場を踏まえた細やかな配慮を忘れないようにしましょう。

SNSに投稿する

あわせて見たい関連記事

出産のお返し

新米パパママ必見!名入れ・名づけトレンドに学ぶ、印象に残る出産内祝い選び

出産のお返し

新常識!新米ママの出産内祝いこそ「相手別の贈り分け」がいい理由って?

お酒

ギフトで贈るならココに注目! プロが教えるお酒選びのポイント

スイーツ

スイーツジャーナリスト平岩理緒がおすすめ! 手土産・ギフト向けスイーツの選び方

出産のお返し

出産内祝いのメッセージカードやお礼状、伝わる文例9パターン

出産のお返し

出産内祝いは名入れギフトがおすすめ!絶対に喜ばれるアイテムの選び方&贈り物15選

出産のお返し

出産内祝いにおすすめのギフト選び!人気の贈り物は?名入れはOK?

出産のお返し

出産祝いをもらったら、お返しに出産内祝いを贈る

出産のお返し

お返しに留まらない!印象に残る今どきの出産内祝い