高島屋のサービス

実は4代目! 高島屋が包装紙にバラを使い続けるワケ

購入元がひと目でわかる包装紙や紙袋は、言わば百貨店の顔。高島屋のものにはバラがあしらわれていることも、今やすっかりお馴染みです。
でも、この「バラの包装紙」が、現在で4代目を数えることはご存じでしょうか? 実は高島屋では60年以上もの長きにわたり、包装紙にバラを使い続けているんです。一体なぜ、そこまでこだわるのか。その理由をご説明しましょう。

協力:All About
※画像はイメージです

全3種類のバラが存在する、現在の高島屋

島屋のバラの包装紙が誕生したのは、1952年のこと。戦後、日本が元気を取り戻してゆく中、「新しい高島屋を」との思いから包装紙も見直されることになったのです。それまでの包装紙は、藤紫とねずみ色の無地に、日本伝統の吉祥文様である「宝づくし」を型押ししたものでした。

バラが採用された理由は、当時の社長・飯田慶三が「美の象徴として愛されるバラの花を、高島屋の花としたい」と考えたのが始まりです。四季を問わず美しく、昔から美のシンボルとして人々に慕われている花。そんなバラのイメージはまさしく、お客様に愛される百貨店にふさわしいものでした。


現在、使われているデザインは、ピンクのオールドローズやイングリッシュローズがリース状に描かれたもの

以降、バラは姿を変えながら、高島屋の包装紙を彩り続けています。現在のデザインは4代目。「輪バラ」と呼ばれるものですが、実はこれに加え、高島屋にはもう2種類のバラも存在しています。


モダンローズという品種のバラがモチーフの「線バラ」

そのひとつが「線バラ」。シンプル&モダンなデザインですが、驚くべきはこれが生まれたのは1960年代ということ。まったく古さを感じさせず、今なおアレンジされながら使われている事実からも、デザインのもつ力が感じられます。


「ミリオンローズ」には、ニューヨークにあるトップフローリスト「マドラー・レイク」の南畝隆顕(のうねんたかあき)氏が手がけたアレンジメントを起用

もうひとつの「ミリオンローズ」は、バラのアレンジメントの写真を使用したデザイン。お客様からの「ギフト用に特別な包装紙が欲しい」という要望に応えて生まれたもので、主にギフト用包装紙に採用されています。

デザインと共にバラの品種も変わっていった包装紙

1952年に登場した、初代のバラの包装紙。1本のバラが象徴的に描かれ、徐々に高島屋=バラのイメージを定着させていきました。

その5年後、1957年に2代目が登場。先代のイメージを踏襲したデザインでした。

このころ、すでにバラの包装紙は価値のあるものというステイタスを確立しており、デザインを模倣したものが商品として出回っていたのだとか。


高島屋の創業150年に合わせて誕生。当時の日本では、バラと言えばこのモダンローズが主流でした

それから約四半世紀を経て、1980年に登場したのが3代目。洋画家の高岡徳太郎氏による、モダンローズという品種の「輪バラ」です。これらのバラが当時の高島屋の店舗を見立てたものであることは、あまり知られていない話。店舗の規模に応じて大小に描き分けられたバラは当初、店舗が増えるたびに描き足されていく予定でした。ただし、コストがかかりすぎることから、足されたのは1度だけに留まったそうです。


モチーフとなった絵皿は、3代目登場のきっかけである高島屋の150年を記念して贈られた品。どこか運命を感じます。

そして2007年、新宿店のリニューアルオープンを機に、いよいよ現在のデザインが登場します。モチーフとなったのは、世界的な名窯であるドイツの国立マイセン磁器製作所から高島屋へ贈られた絵皿。これには奇しくもリース状のバラが描かれており、2代にわたる「輪バラ」デザインとして親しまれています。

包装紙だけじゃない! バラにまつわる高島屋のお話



引き出物などを入れる紙バッグ。「輪バラ」がゴールドに彩られているのは、ブライダル専用の証です

島屋とバラを結ぶ絆の強さは、包装紙に限らずさまざまなシーンで目にすることができます。たとえば、2015年に10年ぶりのリニューアルを果たした販売員の制服。この新しい制服の首元を彩るチーフには、先ほどお話しした「ミリオンローズ」が印刷されているんです。

また、日本橋店では、コンシェルジュのネームプレートに青いバラをあしらっています。「不可能・あり得ない」という意味ももつ青いバラは、高島屋では決して採用されることがなかった花。それでも唯一の例外となったこのネームプレートには、当時の現場担当者による「青いバラはつくり出すことが困難。でも、そんな不可能も可能にする存在でありたい」という願いが込められました。

毎年、冬になる前に作成される企業カレンダーも、高島屋ではバラがモチーフ。山口華楊、梅原龍三郎といった美術界の巨匠が描いたもの、世界的に有名なフラワーアーティスト、ダニエル・オストの斬新なフラワーアートなど、1964年より今に至るまでさまざまなバラが使われています。

一方、包装紙などに使う「輪バラ」は、若手アーティストや人気キャラクターとコラボレートすることも。過去を遡ってみると、「輪バラ」から顔を出すSuicaペンギンなど、ユニークなデザインも多く存在しています。

バラを使い続けることに込められた高島屋の思い

島屋のイメージフラワーにバラが選ばれてから、すでに60余年が経過しています。その間に包装紙は3度のリニューアルを受け、毎回、時代に合うものへと生まれ変わってきました。代を重ねる内にバラが新たな品種へと変わっていくのも、時代の流れを感じさせてくれます。

一貫してバラという花を使いながら、その時々で進化していく包装紙は、まさに高島屋の企業姿勢を表すもの。「‘変わらない’のに、あたらしい。」という企業メッセージを具現化した、高島屋らしい包装紙なのです。

高島屋のイメージフラワー「バラ」モチーフや
日本橋高島屋「重要文化財指定記念」アイテムをご紹介

[加工品]ローズ印鑑 銀行印

税込7,776

送料:税込324円

花柄プリントで、今までにない女性らしい印鑑に仕上げました。女性の方にピッタリな印鑑です。成人・就職・結婚のプレゼントに好適です。※加工期間 約20日間(お届け日数は別)

ほしいモノリストに登録

Beate de sae(ボーテ ド サエ)

ボディミルク ローズブーケ

税込4,212

送料:税込324円

肌なじみの良い、なめらかな感触のテクスチャーが、しっとりとしたやわらかいお肌に整えていく<ボーテ・デュ・サエ>「ボディミルク」。「ローズブーケ」は、スズランやフリージアなど贅沢な花々をブレンドして仕上げたフローラル系の香り。バラの花束のようなイメージになるようにこだわりました。マンダリン、ベルガモット、シダーウッドなどが、甘さを抑えて深みのある大人の雰囲気の仕上がりに。女性らしい優雅な香りが広がります。

ほしいモノリストに登録

【日本橋高島屋オリジナル】ハローキティ×日本橋タカシマヤオリジナルメゾントート

税込1,944

送料:税込324円

ラメクリアの生地に、人気作家・橋本シャーンさんが描く日本橋高島屋のイラストとハローキティが可愛らしいバッグです。お買物やお稽古バッグとして幅広く活躍してくれます。

ほしいモノリストに登録

【日本橋高島屋オリジナル】重要文化財指定記念メゾントート

税込1,296

送料:税込324円

ラメが散りばめられたクリアな生地に、人気作家・橋本シャーンさんによる日本橋高島屋のイラストが描かれたトートバッグです。オフィスでのサブバッグ、お買物やお稽古バッグとしてなど幅広くご利用いただけます。脇に携帯などが収納出来るポケットを付けました。

ほしいモノリストに登録

文明堂 東京

【日本橋高島屋限定】逸品カステラ1B号

税込3,780

送料:税込324円

素材にこだわって焼きあげた逸品カステラを、メゾン柄木箱に入れました。

ほしいモノリストに登録

ANRI(アンリ)

【高島屋オリジナル】ローズちゃん

税込145,800

送料:税込324円

イタリアの老舗木彫りメーカー アンリ社が、高島屋のオリジナルマスコット ローズちゃんを製作しました。ローズちゃんの丸みを帯びたポーズと優しい肌合いを、職人の繊細な手仕事で表現しました。木製ならではの心温まる仕上がりになってます。お部屋のインテリアとしてコレクションとしてお楽しみください。

ほしいモノリストに登録

FEILER(フェイラー)

エマーブル ハンカチ

税込2,505

送料:税込324円

美しさ、華やかさ、気品、そして甘く優しい香り。薔薇は時代を超えて夢と憧れを運び続ける美のフローラ。見るたび、触れるたびに一人ひとりの心に美しい花を咲かせ、素敵な物語を綴り始めます。

ほしいモノリストに登録

SWAROVSKI(スワロフスキー)

レッドローズ

税込15,876

送料:税込324円

ロマンチックなギフトに相応しい情熱と愛を象徴する赤いバラをデザインしました。あらゆるインテリアに色と輝きを添えるタイムレスな装飾品です。ファセットを施したクリア・クリスタルの花瓶、グリーン・クリスタルの葉、コーティングを施したメタルの茎を加えて、エレガントに仕上げました。

ほしいモノリストに登録

SNSに投稿する

あわせて見たい関連記事

高島屋のサービス

内祝い、ベビー用品、お宮参り…産後の家計を助ける『タカシマヤ友の会』活用術

高島屋のサービス

実は4代目! 高島屋が包装紙にバラを使い続けるワケ