こちらでご紹介しております商品について、敬老の日のしでの販売は終了いたしました。
一部、販売を継続している商品もございます。「アイテム一覧」からご確認ください

敬老の日

バイヤー厳選! 敬老の日、賀寿を彩る華やかギフト

今年の敬老の日は、ちょっと気が利いたものを贈りませんか? 目の肥えたお祖父様、お祖母様に喜んでいただけるのは、上質で季節感のあるものや、風情のあるもの。ひとひねりのこだわりもうれしい、注目のアイテムを選んでみました。

協力:All About
※画像はイメージです

松江の和菓子

日本三大銘菓を生んだ和菓子の老舗・風流堂のオリジナルセット

いものが好きなお祖父様、お祖母様には、自信をもってお届けできるお菓子を贈りたいですよね。この和菓子の詰め合わせは、敬老の日のために、高島屋のバイヤーが特別に依頼したオリジナルの限定商品。日本三大銘菓のひとつとして誉れ高い「山川」を生んだ老舗・風流堂の和菓子だから、味わいはもちろんのこと、伝統と格式を重んじる方にもご納得いただけるはずです。

秋の代表花、菊を象った練り切りは上品な甘さが口の中に広がり、煎茶との相性が抜群。とくに、玄米粉とクルミ、黒糖を練り上げた風流堂の定番「くろがねもち」は、担当バイヤーいちばんのおすすめ品。「もっちりとした餅の中に黒糖の風味がほのかに広がって、まさに“口福”の味わいです」

白ごま入りの求肥に白あんを重ね、短冊形に切ってひとひねりした「路芝」は、控えめな甘味に白ごまの香りが立ち上る、お菓子通に人気の味わい。煎茶だけでなく、番茶や玄米茶にもよくあいます。

白の薯蕷饅頭(じょうよまんじゅう)は鶴、黄味餡の表面を焼いた亀と、長寿のお祝いにふさわしいお菓子もセット。食感はすべて柔らかく仕上がっているので、ご高齢の方にも安心してお召し上がりいただけます。

敬老の日のしでの販売は終了いたしました

富士山バウム

おめでたい富士山の四季折々を、バウムクーヘンに託して

輪の層が美しいバウムクーヘンが、こんな可愛い富士山に! もらったら思わず誰かに自慢したくなる、楽しいギフトを見つけました。富士山の四季の美しさを、イチゴ味、抹茶味、ゴマ味、ホワイトチョコ&プレーン味で表現。金沢の金箔をちりばめた、敬老のお祝いにふさわしいゴージャス感です。

ホワイトチョコ&プレーン味以外の3つは、プレーン味との2層構造。ナイフを入れると表側がプレーン味、その内側はイチゴバウム、抹茶バウム、黒ゴマバウムとのかけ合わせで、それぞれの味わいを深めています。

おすすめは、ゴマ味。しっかりした噛み応えのあるプレーン生地の甘さに、黒ゴマの風味がふわりとのって、口いっぱいに広がります。バウムクーヘンと黒ゴマの相性がいいことに、正直びっくり。ホワイトチョコ&プレーン味も、生地そのもののしっとり感を楽しめるひと品です。さらに、付属の「珠洲の塩」をかけて雪化粧の富士山にすると、甘味が引き立ってまた違った味わいに。

つくったのは、大正12創業の老舗バウムクーヘン専門店、メルヘン日進堂。老舗ならではのこだわりは、素材の風味をそのまま焼き上げること。保存料・膨張剤は不使用なので、健康が気になるお祖父様、お祖母様にも安心して贈れます。

敬老の日のしでの販売は終了いたしました

敬老の日仕様の風呂敷包み

餅粉どら焼き&スイートポテトの“秋を味わう贈りもの”

京・幡ヶ谷にある、知る人ぞ知る和菓子店「ふるや古賀音庵」は、リピート客が足繁く通うことで評判のお店。関東では取り扱い店舗があるものの、地方ではなかなか手に入らない人気店の和菓子も、オンラインストアなら簡単にご注文いただけます。

ご紹介するのは、栗や小豆、さつま芋など秋の味覚を盛り込んだ和のスイーツ。鳴門金時の芋あんに生クリームを加えて焼き上げた「芋すいーと」は、こんがり&ほくほくの秋の味。中には大納言小豆の餡が入っていて、お芋と小豆が溶け合ったほどよい甘さ。大納言小豆の歯触りも、ほどよいアクセントです。

「餅のどら焼き」は、生地に餅粉を練り込んでいるので、食感はもっちり、しっとり。小麦粉のどら焼きとはひと味違った優しい味が楽しめます。こちらは、定番の粒あんと栗あんの2種類をセット。秋限定の栗あんは、コロコロと小さな栗が入っていて、栗あんとのハーモニーが絶品です。

今回は、敬老の日のお祝い用に、おめでたい赤の風呂敷に包んでお届けします。個包装のデザインも和モダンのおしゃれなデザイン。これなら、味にも見た目にも、喜んでもらえること間違いなしですね。

敬老の日のしでの販売は終了いたしました

縁起ものの柔か巻寿し

「よろこんぶ」の長寿巻は、みんなで食べたい幸せの味

井県が発祥の「長寿巻」は、まさに敬老の日にふさわしい贈りもの。“よろこぶ”に通じる昆布で巻いてあること、“腰が曲がるまで”の意味をもつ海老を使っていることが「長寿巻」の基本。ご当地の福井から、だんだん全国へと広がっているおめでたい食べ物の一つです。

今回ご紹介する近江八幡「ひさご寿し」の「長寿巻」は、時期になると実際に店舗で出しているものを、味わいそのままにパッケージ化。いただいてみると、昆布の香りとともに海老、穴子、かんぴょう、玉子、三つ葉などの具材が口の中でいっせいにほどけて、溶け合います。それはもう、つい2つ、3つと手が伸びてしまうおいしさ。具材の大きさとバランスが絶妙な、どなたにも愛される味に仕上がっています。

一方のます棒寿司は、琵琶湖特産のますを使ったしっかりした酸味のある味。少しだけ巻き込んだマグロ、椎茸、かんぴょうの煮付けが甘辛さをプラスして、ますのおいしさを引き立てます。

どちらも冷凍でのお届けなので、食べたいときに解凍するだけ。パーティでみんな一緒にいただけば、敬老の日らしい長寿のお祝いができそうです。

敬老の日のしでの販売は終了いたしました

青富士&赤富士

「おめでとう」の気持ちを伝える名峰・富士山のお猪口

動と驚き、そして微笑みを届けてくれる三島の人気プロダクトレーベル、Floyd(フロイド)。「本社がある三島への地元愛から生まれた」という逸話をもつ“富士山シリーズ”の中から担当バイヤーが選んだのは、赤富士・青富士に見立てた波佐見焼のお猪口。

何といっても楽しいのは、届いた瞬間からストーリーが始まる、そのワクワク感。ラッピングを開けて目にするのは、金箔押しの富士山。桐箱の蓋をそうっと開けると、そこには真っ白な雲海の中から富士山の山頂がひょっこり顔を出している……。「そんな遊び心、サプライズをお届けできるのも、ギフトの醍醐味だと思うんです」とは、担当バイヤー。

お猪口としてだけでなく、箸休めの小鉢や薬味入れにもちょうどいいサイズなので、使い方はいろいろ。毎年贈る敬老の日のお祝いなので、お手頃価格なのもうれしいポイントです。青×赤の組み合わせはご夫婦向けですが、赤×赤にすれば、還暦のお祝いにもぴったり。

敬老の日のしでの販売は終了いたしました

小さな盆栽

掌サイズのグリーンワールドは、小粋な癒やしのプレゼント

※1枚目画像のお盆は付属品ではありません。2枚目の画像の受け皿とのセットになります。

「インテリアの中に、気軽に盆栽を」というコンセプトから生まれた“ちょこぼん”。黒と朱の器にこんもりと盛られた瑞々しい苔玉は、見ているだけで癒やされるでしょう? まあるい形の苔は光を反射してキラキラと輝き、お部屋の中に小さなグリーンワールドをつくります。

掌サイズでも、その中身は本格派。一流の盆栽師・下村禎勝氏が植栽とデザインを手がけ、越前塗の塗物師が仕上げた艶やかな漆器に盛り込みました。「水に弱い漆に苔玉?」と思うかもしれませんが、越前塗は堅牢で耐水性にも優れているため、植栽もOK。黒塗の器には苔の緑が映えるよう「全艶」の手法を用いているので、鏡面のような輝きを放ちます。

日頃の水やりは、1日1回、霧吹きなどで水を吹きかけるだけ。付属する水受け皿を使用して時々たっぷり水やりをすれば、長く楽しむことができます。万が一枯れた部分が出てしまったら、そこは“ちょこぼん”。有償になりますが、下村氏が植え替えをしてくれます。

目に麗しい苔玉と漆器のコラボは、心をほっと和ませる贈りもの。正面に添えられた金文字の「ありがとう」は、長寿と健康への感謝の気持ちです。

敬老の日のしでの販売は終了いたしました

SNSに投稿する