本文へジャンプ

新宿タカシマヤ

  • 各階トピックス
  • 催しのご案内
  • ブランド検索
  • フロアガイド
  • サービスのご案内
  • 地図・駐車場

WOMAN

催し会場 スケジュール

  • ※最終日は午後4時閉場。

GOMA個展~再生~

  • ■12月13日(水)→26日(火)
  • ■10階 美術画廊
    ※最終日は午後4時閉場。

オーストラリアの先住民族の伝統楽器ディジェリドゥを操る奏者として第一線で活躍していたGOMA。
2009年不慮の交通事故により高次脳機能障害を負ってしまい、多くの記憶を一時喪失してしまいました。
そのような中、突然それまで描いたこともなかった絵を描き始めます。
現在でも苛まれる後遺症により意識が遠のいてしまうとき、意識の向こう側に見える“ひかり”を、まるで生きている証を記録するかのように無我夢中で描いていくのです。
そして描かれるのは、オーストラリア先住民の伝統的な絵画によく見られる緻密な点描画でした。
ディジェリドゥ奏者であったことも分からなくなっていたころに無意識の中で描いていたのです。

高島屋では初個展となる今展では、インドネシア・バリ島で描いた2×2mにおよぶ大作「花」をはじめ、7年間描き続けた「ひかり」の数々を展覧いたします。
また、過去から未来まで脈々と繋がる輪廻・生命の神秘を描き、今もなお漫画史の名作として君臨する手塚治虫「火の鳥」とコレボレーション。
『再生』をテーマに「火の鳥」の世界をGOMAが描き出した作品も初公開いたします。
「今は絵を描かずにいられない」「描いていると落ち着く」と話します。そうしたGOMAの作品には、なぜ人は絵を描くのか、なぜ人は芸術に惹かれるのか、といった根源的な疑問に対するヒントがあるのかもしれません。

「花」222×222cm キャンバス・アクリル


「夕焼けの火の鳥」195×195cm キャンバス・アクリル ©TEZUKA PRODUCTIONS

〔ディジュリドゥ奏者GOMA ミニライブ〕
■12月17日(日) 午後5時
■2階JR口 特設会場
ユーカリの木でできたオーストラリア先住民の管楽器ディジュリドゥの奏者GOMAさんによるライブを開催いたします。

時松はるなの七十二候

  • 季節の小さな兆しを、人気作家 時松はるなさんの絵と共に、新宿高島屋からのメッセージとして発信していきます。

※七十二候とは、気象の動きや動植物の変化を知らせるものです。
太陽が移動する天球上の道「黄道」を24等分したものを二十四節気、さらに分割してできたものを七十二候といい、気候の変化や動植物の様子を短い文で表現します。

時松はるなの七十二候のページへ>>

時松はるなの七十二候

※品数に限りがございますので、売切れの節はご容赦ください。
※価格は消費税を含む総額にて表示しております。
※タイトル・会期内容等一部変更となる場合がございます。

新宿タカシマヤ shinjuku

営業時間

平日・日曜日:
午前10時~午後8時
金・土曜日:
午前10時~午後8時30分
※12月20日(水)→25日(月)は午後8時30分まで営業。
※12月29日(金)・30日(土)は午後8時まで営業。
※12月31日(日)は午後6時まで営業。

※連日休まず営業いたします。
【年始の営業時間】
※1月1日(月・祝)は休業日となります。
※1月2日(火)からは平常通り営業。

所在地・電話番号

〒151-8580
東京都渋谷区千駄ヶ谷5丁目24番2号
TEL(03) 5361-1111

地図・駐車場