本文へジャンプ

京都タカシマヤ kyoto

  • 各階トピックス
  • 催しのご案内
  • ブランド検索
  • フロアガイド
  • サービスのご案内
  • 地図・駐車場

6階 美術画廊・美術工芸サロン

催しスケジュール

児島 塊太郎 陶芸展
-竹をテーマに-

  • ■7月18日(水) → 24日(火)
  • ■6階美術画廊 ※最終日は午後4時閉場。

1947年 洋画家 児島虎次郎氏の孫として岡山県高梁市に生まれ、藤原啓(人間国宝)一門に入門し、藤原敬介氏に師事された先生は、総社市三須に天子窯を築いて制作活動を続けてこられました。高島屋をはじめとして全国各地で個展を開催される一方、倉敷芸術科学大学では後進の指導・育成にあたられています。今展では、竹をテーマに、発想豊かな造形の壷、花器、鉢、皿、茶陶、うつわなど、新作の数々を展観いたします。

狩俣 公介展
-清風明月-〈日本画〉

  • ■7月18日(水) → 24日(火)
  • ■6階美術画廊 ※最終日は午後4時閉場。

1978年 千葉県に生まれた先生は、東京藝術大学大学院文化財保存学で、田渕 俊夫、宮廻 正明 両氏の指導を受け博士号を取得、現在は日本美術院院友として院展を中心に活躍しておられます。今展では、古典絵画の修復で培った確固たる技術と独自の感性で鮮やかに切り取られた情景の"瞬間美"をモノトーンの色調でシャープに描かれた作品20余点を一堂に展観いたします。

-煌めく-
藤原 裕之展〈日本画〉

  • ■7月25日(水) → 31日(火)
  • ■6階美術画廊 ※最終日は午後4時閉場。

1979年 京都市に生まれた先生は、京都造形芸術大学大学院芸術研究科を修了され、現在は個展、グループ展で水の中の世界をモチーフにした作品を発表しておられます。今展では、美しい自然、生き生きとした魚たちの命、それらを描写する岩絵具、すべてに共通する"煌めき"をテーマに制作されました。先生自らが水中に潜り、対象となる魚たちと対峙するからこそ生まれる感動と臨場感あふれる作品を一堂に展観いたします。

釜 師
三代 吉羽 與兵衛展

  • ■7月25日(水) → 31日(火)
  • ■6階美術画廊 ※最終日は午後4時閉場。

襲名記念展以来、約9年ぶりの吉羽與兵衛先生の展覧会を開催いたします。吉羽先生は、1968年二代 與兵衛の長男として京都に生まれ、先々代・先代の仕事場で茶の湯の釜を制作するという家業に身近に接し学んでこられました。その後、先代の許で釜師の修業を始め、2008年に三代 與兵衛を襲名されました。今展では、茶の湯にかなった伝統ある用の美を受け継ぎ、追求された茶釜を中心に、鋭い感性と精巧な技、当代の新しい試みによる金工作品の花入、菓子器など、熱意溢れる新作の数々を一堂に展観いたします。

高島屋美術部創設110年記念
第40回記念 十 果 会〈洋画〉

  • ■8月1日(水) → 7日(火)
  • ■6階美術画廊 ※最終日は午後4時閉場。

1979年に独立美術協会の有志により、「集団には勉強会の性格を持たせ、展観のときには力作を発表しようではないか」という強い意志のもと発足した十果会は、今年で第40回を迎えます。その精神は、美に対する価値観が多様化する現代においても時代に追随することなく、自己に内在する不変の美を探求し続け、その作品は次代の作家たちへの沈黙のメッセージとなっています。西洋絵画の文脈を踏襲してきた日本の洋画界の中にあって、日本人の描く洋画とはなにか?を模索し続ける11名の作家による意欲作を一堂に展観いたします。

[出品作家]
相田 幸男 今井 信吾 大津 英敏 奥谷 博
木津 文哉 絹谷 幸二 齋藤 研 桜井 寛
瀬川 富紀男 林 敬二 平岡 靖弘
(敬称略・五十音順)

梶間 智絵 陶展

  • ■7月18日(水) → 24日(火)
  • ■6階美術工芸サロン ※最終日は午後4時閉場。

1986年 京都に生まれ、2009年 倉敷芸術科学大学陶芸専攻を卒業後、現在は京都にて制作。色と光をテーマに、色の異なる磁土を何層にも重ねて鋳込み、表面を削ることで現れる色の層の美しさを表現された、カラフルな色と形のうつわを中心に展観いたします。

樋口 奎人 陶展

  • ■7月25日(水) → 31日(火)
  • ■6階美術工芸サロン ※最終日は午後4時閉場。

1991年 大阪に生まれ、2013年 大阪芸術大学陶芸コースを卒業され、現在は大阪狭山市にて制作。磁土をサンドブラストで削り出していくことで、脆さや儚さの中にある美しさを探究しています。物質が風化したようにも見える立体作品や同様の表現の中にも凛とした独特の世界観を持つ器を展観いたします。

モーガン・ルイス作陶展

  • ■8月1日(水) → 7日(火)
  • ■6階美術工芸サロン ※最終日は午後4時閉場。

1953年 アメリカに生まれ、ウエストバージニア大学院芸術学部を修了され、同大学で陶芸指導をされた後、1983年に来日され、現在は滋賀県の湖西に窯を築き制作。今展では、民芸的な作品を中心に、花瓶、器、ビアジョッキなどを展観いたします。

※品数に限りがございますので、売切れの節はご容赦ください。※価格は消費税を含む総額にて表示しております。※現物と多少異なることがございます。※タイトル・会期内容等一部変更となる場合がございます。

京都タカシマヤ kyoto

営業時間

今月の営業時間:午前10時~午後8時

7階ダイニングガーデン 京回廊は午前11時~午後9時30分まで営業。ラストオーダーは店舗により異なります。

※連日休まず営業いたします。


所在地・電話番号

〒600-8520
京都市下京区四条通河原町西入真町52番地
TEL(075) 221-8811

地図・駐車場