本文へジャンプ

京都タカシマヤ kyoto

  • 各階トピックス
  • 催しのご案内
  • ブランド検索
  • フロアガイド
  • サービスのご案内
  • 地図・駐車場

6階 美術画廊・美術工芸サロン

催しスケジュール

高島屋美術部創設110年記念
-天野 喜孝・叶 松谷・夢枕 獏展-
バロルの晩餐会 ハロウィンと五つの謎々

  • ■10月24日(水) → 30日(火)
  • ■6階美術画廊 ※最終日は午後4時閉場。

ハロウィンは、もともとは古代ケルト人の祭りでした。ケルト人にとっての一年の終わり、つまり十月三十一日は、この世と霊界との扉が開き、自由に行き来ができるようになり、祖先の霊ももどってくるかわりに、怖いものもまたこの世にたちあらわれてくるのです。現在の仮装やコスプレの原点はここにあるわけです。
我々はこの企画の取材のため、ハロウィン発生の地とも言われている、フランスの古代ケルトの地ブルターニュまで出かけてきました。
ケルトの巨石建造物、小人や妖精の出てきそうな森、古い城。あやしく美しい土地を巡るこの古代への旅から大きな収穫を得て、我々は今回の創作にあたりました。
夢枕獏が物語を創り、叶松谷がかたちを作り、天野喜孝が絵を描く。以前「楊貴妃の晩餐」でやったことが、より進化したものとなって、ここにできあがったと思います。
楽しかった古代への旅で得たものが、大きな果実となって、ここに展示されることとなりました。
企画に合わせて絵本「バロルの晩餐会 ハロウィンと五つの謎々」もできあがりました。
ハロウィンの夜、タックとチーマという男の子と女の子が世界を救うため、猫竜のふわふわ、ジャック・オー・ランタン、天使のプリエルと一緒に、五つのなぞなぞを解く旅をするお話です。この物語をもとにして、たくさんのかたちが作られ、たくさんの絵が描かれました。
皆様に楽しんでいただければ、幸いです。
文:夢枕 獏

耀く森へ
猪熊 佳子展〈日本画〉

  • ■10月31日(水) → 11月6日(火)
  • ■6階美術画廊 ※最終日は午後4時閉場。

猪熊先生は、1958年 京都に生まれ、京都市立芸術大学大学院を修了後、日展を中心とした公募展や個展を中心に発表を続けられ、1990年 第3回川端龍子賞展優秀賞、1995年 第13回 山種美術館賞展優秀賞など多くの受賞を重ねてこられました。先生独自の優しい色調と繊細な筆致で描かれた風景は、目に見える表面的な美しさに加え、自然に対する深い慈愛を感じることができます。また、近年取り組んでおられる様々な箔を駆使した表現は、作品に広がりと奥行きを与えるだけでなく、木洩れ陽や水面の煌めき、そして自然やいきものすべてに命を吹き込みます。今展は「耀く」をテーマに、山や森、木々など自然の耀き、命の耀きを表現された大作から小品までを一堂に展観いたします。

秋の茶道具展

  • ■10月17日(水) → 30日(火)
  • ■6階美術工芸サロン ※最終日は午後4時閉場。

秋から年末・年始にかけてお使いいただけるお茶道具や水屋用品などを豊富に取り揃え、特別価格にて提供させていただきます。これからの季節にふさわしいお道具をぜひこの機会にお求めください。

清水 篤 陶展

  • ■10月31日(水) → 11月6日(火)
  • ■6階美術工芸サロン ※最終日は午後4時閉場。

1964年 京都市に生まれ、京都市立芸術大学大学院美術研究科を修了後、1994年には京展にて京都市芸術文化協会賞を受賞されるなど活躍されています。今展では、白と黒の釉薬を追求し制作された造形的な作品を展観いたします。

※品数に限りがございますので、売切れの節はご容赦ください。※価格は消費税を含む総額にて表示しております。※現物と多少異なることがございます。※タイトル・会期内容等一部変更となる場合がございます。

京都タカシマヤ kyoto

営業時間

営業時間:午前10時~午後8時

7階ダイニングガーデン 京回廊は午前11時~午後9時30分まで営業。ラストオーダーは店舗により異なります。

※連日休まず営業いたします。


所在地・電話番号

〒600-8520
京都市下京区四条通河原町西入真町52番地
TEL(075) 221-8811

地図・駐車場