CSR

corporate social responsibility

目的別INDEX - 従業員

女性の活躍

高島屋はこれまでも多様な価値観や生活背景を有する人材の能力が、最大限に発揮できる環境を整備し、「人と企業の双方の成長」を実現するための取り組みを行っています。
採用、配置、昇進などについては、性別等に関係なく、本人の意欲・能力と今後のキャリアビジョンを考慮し、「適材適所」を最優先に考えて実施してきました。
採用・給与・昇進・職務・配置・定年など全て男女同一条件です。

お客様の8割、従業員の7割が女性であることから、女性の感性を引き出し、仕事につなげていくことは重要な経営戦略でもあります。そのため、育児や介護等の女性が働く上でのハンディキャップに対するフォローや、男性の育児・家事の参加等、ワーク・ライフ・バランスへの取り組みを進めています。

マネジャーやバイヤーといった基幹業務の女性比率は高まっており、現在育児短時間勤務者10名がマネジャーとして活躍しています。
また、役員にも5名の女性が登用されています。(2019年3月1日時点)

~男女を問わず、全員が活躍できる企業を目指して~
女性活躍推進に関する「行動計画」を策定しました

株式会社高島屋 女性の活躍に関する「行動計画」

『「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」行動宣言』に賛同しています

男女共同参画局ホームページ

男女共同参画局ホームページ

男女共同参画局ホームページ

「かながわ女性活躍応援団」に参加し、行動宣言を発表しました

「かながわ女性活躍応援団」

大阪市女性活躍リーディングカンパニーに認定されました

大阪市女性活躍リーディングカンパニー

  【役職者における女性の割合】(各年 3月1日)
区分 2018年 2019年
役員 17.6% 13.5%
管理職 25.3% 27.8%
係長級 60.7% 64.9%
  【職務における女性の割合】(各年 3月1日)
区分 2018年 2019年
マネジャー職 35.1% 38.0%
バイヤー職 54.5% 54.1%
経営層 15.3% 17.8%
【役職者における女性の割合】(各年 3月1日)
区分 2018年
役員 17.6%
管理職 25.3%
係長級 60.7%
区分 2019年
役員 13.5%
管理職 27.8%
係長級 64.9%
【職務における女性の割合】(各年 3月1日)
区分 2018年
マネジャー職 35.1%
バイヤー職 54.5%
経営層 15.3%
区分 2019年
マネジャー職 38.0%
バイヤー職 54.1%
経営層 17.8%

男女共同参画社会への取り組み

男女共同参画に対する企業姿勢

高島屋は、経営理念を「いつも、人から。」としています。その理念に基づき、社内では、全ての従業員が生き活きと働きがいを感じ、仕事に従事することができる企業を目指しています。
従業員の力が企業の成長発展を大きく左右するとの認識のもと、常に男女共に平等の機会を与え、十分に能力向上が図られるように取り組んでいます。

目指すべき企業像・男女共同参画行動規範

高島屋では、男女共同参画型企業を確実に実現していくため、「目指すべき企業像」および社員一人ひとりにおける日々の行動指針となる「男女共同参画行動規範」を定めています。

目指すべき企業像
男女ともに一人ひとりが働きがいを感じ、能力を最大限発揮できる男女共同参画型企業
男女共同参画行動規範
1.男女ともに生き活きと働ける職場風土を醸成します。
2.男女が対等なパートナーとして能力発揮できる環境を創ります。
3.性差に関わらず、能力・適正に応じた仕事の分担を推進します。
4.仕事と家庭が両立でき、働きがいを高められるよう支援します。
5.自ら厳しくプロ意識に徹し、生産性向上に主体的に取り組みます。

CLOSE

close