CSR

corporate social responsibility

社会との共生

ピンクリボン活動

日本では乳がんで亡くなる女性は年に14,000人にのぼり、がんによる死亡原因の第5位ですが、20代から64歳までの1位にあたります。(日本対がん協会HPより)
乳がん対策には早期発見が重要ですが、検診受診率はまだまだ低いのが実情です。
高島屋では2006年より当社オリジナルバッジの販売やキャンペーンを展開してきました。
2018年度は店内ポスター掲示や店内放送での乳がん啓発、マンモグラフィバス見学会(新宿店)を開催し、啓発活動を継続しています。
ピンクリボンバッジの売上金の一部は「日本対がん協会ほほえみ基金」に寄付されています。

イメージ画像

CLOSE

close