CSR

corporate social responsibility

社会との共生

新しいギフトの形

社会貢献ギフト

カタログギフト<ローズセレクション(The BEST GIFT・一品一会)>、<ユアチョイス>の中に、お客様のご要望に応じて社会貢献団体へ寄付できるメニューをご用意しました。ご用意させていただいているコースから、必要経費を除いた金額を、お選びいただいた団体へ寄付させていただく仕組みです。お客様のご要望に応じて、寄付先からお礼状を届ける事もできますし、お名前を先方に通知しないようにすることも可能です。

カタログギフト タカシマヤローズセレクション「The BEST GIFT」カタログギフト
タカシマヤローズセレクション「The BEST GIFT」

寄付先

  • 国連WFP

    世界の子どもたちに食料と希望を。
    <国連WFP>は、飢餓をなくすことを使命とする国連唯一の食料支援機関です。
    災害や紛争時の緊急支援、栄養状態の改善、学校給食の提供などを活動の柱に、毎年約80カ国で、女性や子どもなど約9,000万人に食料支援を行っています。
    ご寄付は子どもたちの健全な成長を促し、教育の機会を広げる学校給食支援に活用させていただきます。
    2018年度寄付額 3,564,600円
    国連WFP ホームページ

    イメージ画像

  • 公益財団法人 日本対がん協会「乳がんをなくす ほほえみ基金」

    自分のおっぱいを触ってみてください。しこりや引きつれはありませんか?
    乳がんは、仕事や子育てで忙しい40代女性に一番多いがん。日本人女性の11人に1人が乳がんになり、年間死亡数は交通事故死の約2.5倍。しかし、早期発見すれば90%以上が治ります。おっぱいを失ったら? 髪の毛が抜け落ちたら? 子供のお弁当作りはどうする? ご寄付は、がん検診の大切さを伝え、患者さんを支えるピンクリボンフェスティバルや、医師・看護師・社会福祉士による無料がん相談、手術や抗がん剤による見た目の変化に対するアピアランスケアなどに役立てています。
    2018年度寄付額 1,108,300円
    日本対がん協会 ホームページ

    イメージ画像

  • バーンロムサイ

    HIVに母子感染した孤児と地域社会をサポート。
    <バーンロムサイ>は、1999年、HIVに母子感染した孤児たちの生活施設としてタイ・チェンマイに設立されました。皆様のご支援のもと、こどもたちはエイズの発症を抑える薬を飲むことにより元気に成長しており、エイズ孤児たちや大人の都合で行き場を失ったこどもたち30名がともに暮らしています。
    お寄せいただいた金額は、子どもたちの教育費として役立たせていただきます。
    2018年度寄付額 552,900円
    バーンロムサイ ホームページ

    イメージ画像

  • NPO法人 ドングリの会

    広葉樹林を育て、世界でも数少ない多様で豊かな日本の生態系回復へ。
    東日本大震災被災地と、岩手・宮城内陸地震被災地を繋ぐ、絆の森プロジェクトへご支援ください。2008年6月に起こったマグニチュード7.2の大地震、直後に発生した土石流に、山奥の温泉一軒宿が飲み込まれ、10m以上にも積もった土石流により現れた谷底の真っ平らな土地。一命を取り留めた被災者が、3年後に被害を受けた沿岸部の方々を癒そうと、すべてが埋まった被災現場で足湯を始め、「樹を植える」鎮魂の作業を共に行い共に再生しようとする心のプロジェクト。大規模支援から取り残された地と沿岸部を結ぶ森づくり。
    2018年度寄付額 592,700円
    NPO法人 ドングリの会 ホームページ

    イメージ画像

  • 認定NPO法人難病のこども支援全国ネットワーク

    難病のこどもたちに、明日への希望と勇気を。
    原因がわからない、治療法が未確立であるなど、こどもの難病は700種類を超え、全国で25万人以上のこどもたちが難病とともに暮らしています。私たちは相談活動、交流活動、啓発活動を通じて難病のあるこどもとその家族を支える活動を進めています。
    2018年度寄付額 2,413,700円
    こども支援全国ネットワークホームページ

    イメージ画像

  • 公益財団法人 オイスカ

    東日本大震災復興支援のために。
    仙台平野では、伊達政宗の時代より海岸林が造成され、飛砂や塩害、強風や高潮から人々の生活や農地を守ってきましたが、東日本大震災による津波により、約3,600haの海岸林が甚大な被害を受けました。海岸林を取り戻したいという被災地農家の願いを受け、「海岸林両生プロジェクト10ヵ年計画」が立ち上がりました。ご寄附は育苗(50万本、100ha相当)を通じた名取市被災地農家の生計支援、植栽、育林に活用させていただきます。
    2018年度寄付額 1,514,900円
    公益財団法人 オイスカ ホームページ

    イメージ画像

  • 認定NPO法人国連ウィメン日本協会

    世界の女性・少女に希望の未来!
    UN Women(ジェンダー平等と女性のエンパワーメントのための国連機関)の活動を支える日本の公式支援窓口です。世界195 か国で実施する様々なプログラムの実現に向け、募金・広報活動を行っています。ご寄付は、バングラデシュのロヒンギャ難民センターの難民女性の職業訓練等の自立支援、国連暴力撤廃信託基金(暴力サバイバーたちの心の回復等)の資金に活用されます。
    2018年度寄付額 108,800円
    認定NPO法人国連ウィメン日本協会 ホームページ

    イメージ画像

CLOSE

close