仕事紹介

坂口 瑛梨 2013年入社 MD本部 化粧品・婦人雑貨部 バイヤー
高島屋に入社を決めた理由は何ですか?
社員が生き生きと働いている会社だと感じたためです。就職活動中は「目の前の人とじっくり向き合うような仕事がしたい」と思い、様々な業種に目を向けていました。その中で、日々の生活を彩るモノを丁寧な接客サービスで提供する百貨店業界に興味を持ちました。説明会やOBOG訪問などで様々な会社の方の話を伺いましたが、高島屋の人は皆、自分の仕事を楽しそうにお話ししていたのが印象的で、自分もこんな風に生き生きと仕事がしたい、と思い入社を決めました。
現在の仕事内容について教えてください。
婦人洋品という、帽子、ストール、手袋、傘、ハンカチなど、百貨店の1階に売場を構えることの多い、雑貨類のバイヤーをしています。バイヤーの業務には国内外の商品買付の他に、高島屋としてそのシーズンに「誰に何をどのように提案するのか」を計画することや、オリジナル商品の開発があります。
買付・開発した商品をお客様にお選びいただけた時は、喜びとやりがいを感じます。商品の仕込みは、その商品が店頭に並ぶ半年以上前から始まります。トレンドのキーワードや店頭でのお客様の声を頼りに商品の計画や仕込みをしていきますが、本当に求められているものかは店頭に商品が並ぶまで分かりません。売上という目に見える形で現れると、達成感があります。
image
これまでの仕事の中で印象に残っているエピソードは何ですか?
婦人靴のバイヤーとしてプライベートブランドを開発していたとき、販売スタッフが「スタッフの意見を反映させた商品が売れた」と嬉しそうに報告してくれたことです。商品開発では、できる限り販売スタッフの意見を取り入れるよう心がけていました。お客様の一番近くでその想いをダイレクトに感じることができる販売スタッフと一緒に商品開発を進めることで、お客様から求められるブランドになると考えていたためです。「自分の意見を商品に反映させてもらえた、その商品が売れた」という体験を販売スタッフにしてもらえたことで、販売スタッフからより活発に意見が出てくるようになることが、ブランド自体の成長に繋がるのだろうと感じました。
バイヤーとして心がけていることを教えてください。
担当ジャンルに縛られず、多様なアイテムに興味をもつことです。実際に買付や開発をするのは担当しているジャンルのアイテムだけですが、周辺アイテムのトレンドを把握していることが、トータルコーディネートを考えるのに役立つためです。婦人靴売場の販売担当をしていた頃、素敵な商品であっても、どんな洋服と合わせればいいかが分からないと着用イメージが湧かず、購買まで結びつかないと感じることがありました。そこから、雑誌やバイヤーとの会話からトータルコーディネートの勉強をして、接客に活かした経験から、売場の販売スタッフが自信を持って接客ができるよう、バイヤーの立場から店舗にコーディネート案を伝えていくよう心がけています。
image
今後高島屋で起こしたい「革新」は何ですか。
高島屋がお客様にとって「わくわくする場所」であり続けてほしい、それをバイヤーの立場で実現したいと考えています。モノが溢れている時代だからこそ、所有するという行為そのものだけでなく、商品についてサスティナブルな視点や手に入れるまでのサービスにも焦点があたってきています。素敵な背景を持つ商品を買付・開発し、店頭での提案方法まで入り込みながら、お客様にちょっとした嬉しい変化を提供していきたいです。
  • image

    MDバイヤー

  • image

    マネージャー

  • image

    販売

  • image

    販売

  • image

    販売

  • image

    販売

  • image

    企画宣伝

  • image

    法人事業

  • image

    外商営業

  • image

    金融事業推進プロジェクト

  • image

    情報システム

「仕事紹介」ページへ戻る
TOPへ