本文へジャンプ

横浜タカシマヤ

  • 各階トピックス
  • 催しのご案内
  • ブランド検索
  • フロアガイド
  • サービスのご案内
  • 地図・駐車場

美術画廊

佐伯 守美 作陶展 樹林象嵌

  • ■9月21日(水)→27日(火)
  • ■7階 美術画廊
    ※最終日は午後4時閉場。

1949年宇都宮生まれ。樹木の織りなす四季の風景を自らの心象風景として、卓越した象嵌技法により制作した作品は、現代の陶芸界で高く評価されています。色土を埋め込むことによる色彩の質感、絵画的表現による風景の奥行き、山並みのシルエットを形として捉えたいずれの作品も、静けさの中に壮大なスケールを湛えています。

佐伯 守美 作陶展 樹林象嵌

-森、窓辺にて-伊藤 みさと展〈日本画〉

  • ■9月21日(水)→27日(火)
  • ■7階 美術画廊
    ※最終日は午後4時閉場。

1947年北海道生まれ。1970年多摩美術大学日本画専攻(加山又造教室)卒。1983年春の院展初入選。2006年日本美術院特待推挙。近年は長野の取材による樹木をテーマに描き続けていますが、今展では、房総中部の山間部の懐かしく穏やかな風景や以前より構想を温めていた人形やぬいぐるみをモチーフに描いた「おもちゃシリーズ」もあわせて展観いたします。

-森、窓辺にて-伊藤 みさと展〈日本画〉

青渕会 日本画展 -標(しるべ)-

  • ■9月28日(水)→10月4日(火)
  • ■7階 美術画廊
    ※最終日は午後4時閉場。

「青い渕には龍が棲む」という中国の故事に因み、龍のごとく芸術の高みを目指そうと故・大山忠作先生が命名した現代日本画壇を牽引する巨匠・中堅・若手の人気作家12名による、日本画グループ展。29回目となる今展では、80歳を越え、なお現役で活躍される先生方を寿ぎ扇面作品を特集いたします。
【出品予定作家】(五十音順・敬称略)
岡 信孝・小田野 尚之・小山 硬・川島 睦郎・川嶋 渉・竹内 浩一
土屋禮一・牧 進・松本 勝・森田 りえ子・森本 純・山田 伸

青渕会 日本画展 -標(しるべ)-

柳下 季器 作陶展

  • ■9月28日(水)→10月4日(火)
  • ■7階 美術画廊
    ※最終日は午後4時閉場。

1967年東京都生まれ。桑沢デザイン研究所を卒業。信楽で修業の後、2002年には三重県伊賀市音羽に神匠窯を開窯し、現在は個展にて精力的に作品を発表されています。自身でブレンドした土を使い、伊賀らしい力強い作品を発表する一方で、杉本貞光先生のもと侘び寂の精神と作陶技術を学び、近年では茶陶作品にも力を入れています。

柳下 季器 作陶展

※品数に限りがございますので、売切れの節はご容赦ください。
※価格は消費税を含む総額にて表示しております。
※タイトル・会期内容等一部変更となる場合がございます。

横浜タカシマヤ yokohama

営業時間

午前10時~午後8時

■8階レストラン街ローズダイニングは午前11時~午後10時30分まで営業。
※連日休まず営業いたします。
※一部閉場時間の異なる売場がございます。

所在地・電話番号

〒220-8601
横浜市西区南幸1丁目6番31号
TEL(045) 311-5111

地図・駐車場