本文へジャンプ

横浜タカシマヤ

  • 各階トピックス
  • 催しのご案内
  • ブランド検索
  • フロアガイド
  • サービスのご案内
  • 地図・駐車場

美術画廊

催し会場 スケジュール

  • ※最終日は午後4時閉場。
  • ※都合により催内容や閉場時間を変更させていただく場合がございます。
    あらかじめご了承くださいませ。

郡 和子 ガラス展

  • ■2月21日(水)→27日(火)
  • ■美術画廊 A
    ※最終日は午後4時閉場。

1976年名古屋大学経済学部卒業。1992年東京ガラス工芸研究所卒業。自然の持つ様々な表情をパート・ド・ヴェールや吹きガラスの技法を使い表現され、2016年には日工会展で「文部科学大臣賞」を受賞されました。その作品はガラスの透過性と豊かな色彩により穏やかな表情を魅せる作品のほか、太古の遺跡をも思わせる重厚さと気品さを持ち合わせる作品など、ガラスの持つ可能性を最大限活かした、独自の世界を展開いたします。

美術工芸サロン 上野久美子 染色展

郡 和子 ガラス展

春刻彩々ー花への、そして花からのメッセージー
霜鳥 忍 日本画展 

  • ■2月21日(水)→27日(火)
  • ■美術画廊 B
    ※最終日は午後4時閉場。

1947年大分県生まれ。1969年横浜国立大学教育学部美術科卒業後、1972年には院展に初入選されました。院展でゃ松尾敏男先生に師事されました。「美しいものを美しく描く」ことを信条として、花々や動物を主なモチーフとして制作されています。今展のテーマは「春刻彩々」。ひと一人一人に違う人生がある様に、一木一草一花それぞれにもドラマがあることに思いを巡らせて、描いた新作を展観いたします。

春刻彩々ー花への、そして花からのメッセージー 霜鳥 忍 日本画展 

山下 まゆみ展〈日本画〉

  • ■2月28日(水)→3月6日(火)
  • ■美術画廊 A
    ※最終日は午後4時閉場。

1957年横浜生まれ。1980年多摩美術大学日本画専攻卒業(加山又造教室)。1982年多摩美術大学大学院日本画専攻修了(加山又造教室)後は、グループ展や個展を中心に活躍されています。今展では、先生の代表作である猫や富士山を琳派風に表現した新作を中心に一堂に展観いたします。

九谷 伊豆蔵 幸治 作陶展

  • ■2月28日(水)→3月6日(火)
  • ■美術画廊 B
    ※最終日は午後4時閉場。

1952年石川県加賀市に生まれる。日本新工芸展や日展を舞台に活躍されて来られました。轆轤作品だけでなく、たたら作りで制作される六角の香炉や陶板、四方の作品など、描かれる花鳥画だけでなく、洗礼された造形も見所となっています。

高島屋美術部創設110年記念
風詠抄-常

  • ■3月7日(水)→20日(火)
  • 美術画廊
    ※最終日は午後4時閉場。

このたび高島屋では「風詠抄―譚・常・楽・浪―」を美術部創設110年記念の一環として東西4店舗の美術画廊でそれぞれ開催いたします。
今展はベテランから気鋭作家、伝統工芸から現代美術まで多様なジャンルの優れた表現者の皆様の出品強力を得て、高島屋が考える現代の美の空間をご提案させていただきます。横浜店では「風詠抄ー常」とし、美は常に身近にあり、またその美から発せられる永遠の問いをテーマに会場を構成いたします。
出品予定作家:浅井裕介(絵画)、安藤和夫(木工)、内田あぐり(絵画)、佃眞吾(木工)、前原冬樹(彫刻)、ミヤケマイ(平面)、留守玲(金工)、王舒野(絵画)(五十音順・敬称略)
同時開催:東京展=「風詠抄-譚」、新宿展=「風詠抄-楽」、3月28日(水)→4月10日(火)大阪展=「風詠抄-浪」

※品数に限りがございますので、売切れの節はご容赦ください。
※価格は消費税を含む総額にて表示しております。
※タイトル・会期内容等一部変更となる場合がございます。

横浜タカシマヤ yokohama

営業時間

午前10時~午後8時

■8階レストラン街ローズダイニングは午前11時~午後10時30分まで営業。
※連日休まず営業いたします。
※一部閉場時間の異なる売場がございます。

所在地・電話番号

〒220-8601
横浜市西区南幸1丁目6番31号
TEL(045) 311-5111

地図・駐車場