本文へジャンプ

横浜タカシマヤ

  • 各階トピックス
  • 催しのご案内
  • ブランド検索
  • フロアガイド
  • サービスのご案内
  • 地図・駐車場

美術画廊

催し会場 スケジュール

  • ※最終日は午後4時閉場。
  • ※都合により催内容や閉場時間を変更させていただく場合がございます。
    あらかじめご了承くださいませ。

第3回 青晴会 日本画展

  • ■4月25日(水)→5月1日(火)
  • 美術画廊
    ※最終日は午後4時閉場。

青く晴れ、広く澄み渡る空のごとくどこまでも突き抜けていく可能性を秘めた若手女流日本画家によるグループ展を開催いたします。
節目を迎える3回目となる今展では、これまでの2年間で各作家が、個展やグループ展など様々な経験を通じて成長してきた軌跡を垣間見ることのできる作品の数々をご高覧ください。
〈出品予定作家:五十音順、敬称略〉
絹谷香菜子・佐竹佳奈・諏訪智美・染谷香理・田中裕子・中村祐子・新川美湖・
宝居智子・森桃子・吉岡佐知

鎌倉彫 三橋 鎌幽展
~うみやそらとも~
Kenyu Mitsuhashi Solo Exhibition

  • ■4月25日(水)→5月1日(火)
  • 美術画廊
    ※最終日は午後4時閉場。

1980年鎌倉生まれ。鎌倉時代より続く仏師の血筋。2002年に父三橋鎌嶺に師事。心の鍛錬と仏師の初心を得るために建長寺で禅を学び、2010年には建長寺吉田正道老師より「鎌幽」の号を拝銘されました。茶道具や仏具制作にとどまらず、現代の感覚に沿った作品も制作され、近年ではArtist in Hotel「侍」ルームをパークホテル東京に制作されるなど、広くご活躍されています。今展では波・海・鎌倉というキーワードの作品を発表して頂きます。

―ものがたるかたち― 及川茂・聡子展(木彫・日本画)

  • ■5月2日(水)→5月8日(火)
  • 美術画廊
    ※最終日は午後4時閉場。

及川茂先生は1940年岩手県生まれ。宮城県を制作の拠点とし、仙人像、仏像・鳥などの動物まで幅広い主題の木彫作品を発表されています。その娘で日本画を描く聡子先生は、1970年宮城県生まれ。1993年東京造形大学造形学部美術学科1類をご卒業後は、個展・グループ展で活躍されています。高島屋では初の親子展となる今展では、茂先生は、古来の物語を具象化する木彫作品を聡子先生は、お父様の作品に連動させた作品を中心に展観いたします。

―ものがたるかたち―  及川茂・聡子展(木彫・日本画)

YOKOHAMA GLASS WONDERLAND
潮工房○小西 潮展

  • ■5月2日(水)→5月8日(火)
  • 美術画廊
    ※最終日は午後4時閉場。

1964年千葉県生まれ。神奈川県三浦市に工房を開き、作品を制作されています。ヴェネチアンガラスの技法のひとつであるレースガラスによる繊細な作品が特徴です。2008年に開催された洞爺湖サミットの晩餐会で先生の作品が使用されたことでも知られています。地元横浜店での初個展となる今展では、日常使いでありながらモダンな雰囲気を意識した作品の他、すずやかなお茶の道具も展開いたします。

小西 潮展〈ガラス〉

薔薇 Festa〈絵画〉

  • ■5月9日(水)→5月15日(火)
  • 美術画廊
    ※最終日は午後4時閉場。

高島屋のシンボルフラワーである薔薇をテーマに日本画、洋画のベテランから若手までの人気作家に、“薔薇”を人生の喜びとして表現していただいた新作を一堂に展観いたします。
出品予定作家:青木恵美子・赤木範陸・荒木亨子・安西大・伊藤晴子・
入江明日香・岡義実・奥村美佳・笠井誠一・金木正子・狩俣公介・河村純一郎・
栗原一郎・小杉小二郎・櫻井孝美・佐々木豊・佐藤泰生・菅原さちよ・田尾憲司・田中英生・田村鎮男・田村能里子・千々岩修・中島健太・中島千波・長谷川幾与・平澤篤・平松礼二・廣田真知子・広田稔・舟木誠一郎・堀井聰・三浦明範・
港信夫・安冨洋貴・山口暁子・山梨備広(五十音敬称略)

薔薇 Festa〈絵画〉

襲名記念 
赤膚焼 
八代 尾西 楽斎展

  • ■5月9日(水)→5月15日(火)
  • 美術画廊
    ※最終日は午後4時閉場。

1963年奈良県大和郡山市生まれ。早稲田大学卒業。平成4年から祖父五代楽斎に師事し、兄、七代とともに制作を続けてこられました。襲名記念展となる今展では華道山村御流の流儀にあった花器のほか、奈良絵や伝統的な紋様をほどこした茶道具などを一堂に展覧いたします。

襲名記念 赤膚焼八代 尾西 楽斎展

襲名十五周年記念 
五代 辻 石齋 漆芸展

  • ■5月16日(水)→5月22日(火)
  • 美術画廊
    ※最終日は午後4時閉場。

1963年に4代、辻石齋の長男として石川県山中市に生まれる。江戸時代から続く漆芸家で、茶道の千家家元をはじめ文化人との親交が深く、山中塗の技術に一閑張りを取り入れるなど斬新な作品を代々制作されています。2003年に5代辻石齋を襲名されて今回で5回目の個展となります。作品は茶道具を中心に木地の素材と漆の奥深い美しさを存分に活かして制作されたものの他、「漆作品をもっと身近に感じてもらいたい」と普段にも使えるような菓子盆や椀、皿なども出品されます。

ーギャラリートークー
5月17日(木)・18日(金)午前11時、午後2時
テーマ『魯山人と石齋の食と漆器』

襲名十五周年記念 五代 辻 石齋 漆芸展

※品数に限りがございますので、売切れの節はご容赦ください。
※価格は消費税を含む総額にて表示しております。
※タイトル・会期内容等一部変更となる場合がございます。

横浜タカシマヤ yokohama

営業時間

午前10時~午後8時

■8階レストラン街ローズダイニングは午前11時~午後10時30分まで営業。
※連日休まず営業いたします。
※一部閉場時間の異なる売場がございます。

所在地・電話番号

〒220-8601
横浜市西区南幸1丁目6番31号
TEL(045) 311-5111

地図・駐車場