本文へジャンプ

日本橋タカシマヤ osaka

  • ウイークリーニュース
  • 催し案内・美術画廊
  • ブランド検索
  • フロアガイド
  • サービスのご案内
  • 地図・駐車場

6階 美術画廊 / 2階 アートアベニュー / 2階 アートバルコニー

8階 催会場 スケジュール

菊池 治子展

  • ■12月17日(水)→23日(火・祝)
  • ■6階 美術画廊
    ※最終日は午後4時閉場。

1954年東京生まれ。1977年女子美術大学芸術学部日本画科卒業。故・佐藤太清先生に師事し日展を中心に発表しています。(現在、日展会員)柔らかな色彩とタッチ・慈愛あふれる眼差しで植物や動物・人物などの小さな命を大切に描いています。大作から小品まで約30点出品予定。

お問い合わせ:6階 美術画廊(03)3246-4310

菊池 治子展

一色 直彦展 -宙の呼吸-

  • ■12月17日(水)→23日(火・祝)
  • ■6階 美術画廊
    ※最終日は午後4時閉場。

1966年 茨城県に生まれ、1992年東京藝術大学大学院日本画科修了後、杉や欅などの板材に伝統的な日本画材(膠、岩絵具、箔)を用い箔と木目が絶妙な調和を得、独自の立体感を醸し出す作品を制作されています。
5回目となる本展では、従来どおり動植物をモチーフとしながらも、木目のあたたかさ、美しさを活かしつつ、その中に未知なる空間、幽玄の世界を表現し繊細でありながら濃密なロマンチシズムにあふれた作風が一段と充実した40余点で展観いたします。

お問い合わせ:6階 美術画廊(03)3246-4310

一色 直彦展 -宙の呼吸-

「古画降臨-Coga Calling-」山本 太郎展

  • ■12月24日(水)→2015年1月6日(火)
  • ■6階 美術画廊
    ※最終日は午後4時閉場。

1974年熊本県生まれ。2000年京都造形芸術大学美術学科日本画コース卒業。在学中より、伝統日本画の技法や形を用いながら、現代的な視点で古典絵画にユーモアとパロディを交えながら大胆にアレンジした「ニッポン画」を提唱しています。2007年VOCA賞を受賞され、国内だけでなく、海外でも活躍をしています。今回は琳派400年に合わせて、光琳へのオマージュをこめて作品を展開いたします。

【ギャラリートーク】
■12月27日(土) 午後3時から
ゲスト:河野元昭氏(京都美術工芸大学学長)

お問い合わせ:6階 美術画廊(03)3246-4310

※年末年始営業のご案内:
12月31日(水)は全館午後6時まで。
1月1日(木・祝)は休業日。
1月2日(金)は午前10時~午後7時の営業。

「古画降臨ーCoga Callingー」山本 太郎展

張 忠儀展

  • ■12月24日(水)→2015年1月6日(火)
  • ■6階 美術画廊
    ※最終日は午後4時閉場。

このたび高島屋では、洋画家・張忠儀先生の個展を開催いたします。
先生は1947年京都に生まれ、1971年独立展に出品、以後同展を中心に制作発表を続けておられます。「人間」をテーマとした作品群は、外部のカタチと内在する心の中、見えるものと見えざるものを深く幻想的な光を放つ色調の中に同時に抽出させることで、観る者に“生きる″ことを静かに説いてくれます。深い色調を基調とした絵画世界を、この機会にどうぞお楽しみください。

お問い合わせ:6階 美術画廊(03)3246-4310

※年末年始営業のご案内:
12月31日(水)は全館午後6時まで。
1月1日(木・祝)は休業日。
1月2日(金)は午前10時~午後7時の営業。

張 忠儀展

林 ナツミ展『本日の浮遊』加速する自由

  • ■12月27日(土)→2015年1月12日(月)
  • ■6階 美術画廊 X 

林先生は、「よわよわカメラウーマン日記」という自身のブログで、2011年1月より、「本日の浮遊」と題し自分自身が空中に浮かんでいる写真作品を発表するプロジェクトを始めました。自身が何のトリックやCG合成など一切使用せずその場で200回以上のジャンプを試みて撮影される写真です。
その重力から解き放たれ浮遊する林先生の姿からは社会のあらゆるステレオタイプからの解放が想起されます。インターネット上を主な発表の場としてきた林先生の高島屋初個展となります。
どうぞご高覧賜りますようご案内申しあげます。

お問い合わせ:6階 美術画廊(03)3246-4310

※年末年始営業のご案内:
12月31日(水)は全館午後6時まで。
1月1日(木・祝)は休業日。
1月2日(金)は午前10時~午後7時の営業。

林 ナツミ展『本日の浮遊』加速する自由

酒器展

  • ■12月10日(水)→2015年1月6日(火)
  • ■6階 美術工芸サロン
    ※最終日は午後4時閉場。

12月恒例となります酒器展を開催いたします。年末や新春の酒席を彩る、400余点の酒器を一堂に展観いたします。巨匠から若手まで、陶芸を中心にガラス、漆、金属を含めた個性あふれる作品群からお好みの一品をお探しください。


WEBでお買い求めいただける酒器はこちらから
高島屋オンラインストア『高島屋の美術』>>
お問い合わせ:6階 美術画廊(03)3246-4310

※年末年始営業のご案内:
12月31日(水)は全館午後6時まで。
1月1日(木・祝)は休業日。
1月2日(金)は午前10時~午後7時の営業。

酒器展

Silent Light

  • ■12月3日(水)→25日(木)
  • ■6階 美術画廊 X 

美術画廊Xでは初の試みとなりますクリスマステーマの展覧会。
今展ではクリスマスから想起される『光』をテーマにアーティストそれぞれの考える光とその周辺を表現して頂きます。静寂に支配された森の中でひっそりと瞬く一灯の光が希望に満ちたそれであるかのような、光を包括する作品を一堂に発表していただきます。

【出品作家(50音順・敬称略)】
扇田克也・小川待子・オノデラユキ・小松宏誠・佐藤時啓・寺田真由美・富谷昌子・新里明士・深井隆・前田明子・吉川民仁

お問い合わせ:6階 美術画廊(03)3246-4310

Silent Light

<2階アートバルコニー> 山本 太郎 -ニッポン画 ちいさきもの-

  • ■12月10日(水)→ 2015年1月13日(火)
  • ■2階 アートバルコニー  
    ※最終日は午後5時閉会

1974年熊本生まれ。2000年京都造形大学美術学科日本画コース卒業。在学中より、伝統日本画の技法を用いながら、現代的な視点で古典絵画にユーモアとパロディを交えながら大胆にアレンジした「ニッポン画」を提唱している。2007年にはVOCA賞を受賞し、国内だけでなく海外でも活躍されています。

6階美術画廊において12月24日(水)→1月6日(火)まで
「古画降臨-Coga Calling-」山本太郎展を開催

お問い合わせ:6階 美術画廊(03)3246-4310

※年末年始営業のご案内:
12月31日(水)は全館午後6時まで。
1月1日(木・祝)は休業日。
1月2日(金)は午前10時~午後7時の営業。

<2階アートバルコニー> 山本 太郎 -ニッポン画 ちいさきもの-

雛人形展

  • ■1月7日(水)→13日(火)
  • ■6階 美術工芸サロン
    ※最終日は午後4時閉場。

人形作家 故 鐸木能子先生の一門による、雛人形の新作展です。
着物や帯地の古い生地を用いた深い味わいの衣装と、ふくよかな顔立ちが、華やぎの中に落ち着いた安らぎを醸し出す新作を一堂に展観いたします。

お問い合わせ:6階 美術画廊(03)3246-4310

雛人形展

-冬よ、来い- 渡邊 佳織展

  • ■1月7日(水)→13日(火)
  • ■6階 美術画廊
    ※最終日は午後4時閉場。

1984年静岡県に生まれの渡邊先生は、京都嵯峨芸術大学の修士課程を修了し、2012年には 「ZIPANG展−31人の気鋭作家が切り拓く、現代日本のアートシーン。」(高島屋 日本橋/大阪/京都)にて六曲一隻 の大作を出品ほか、映画やドラマでの劇中画も手がけるなど、多方面にわたり制作、発表を続けております。
絹本に描かれる作品の多くには、子どもが多く登場し、時折見せる少年、少女たちの無邪気で無防備な表情を繊細かつ透明感をたたえ、画面を舞う折鶴や紅白のリボンが幻想的な和の世界を彩る美しい色彩で表現されています。
今展では、思春期の青少年をモチーフに哀愁に付随する官能性をテーマにした新作を含む20余点で展観いたします。日本画の枠に収まらず様々な分野で活躍を続ける渡邊先生の世界観をこの機会にぜひご高覧ください。

お問い合わせ:6階 美術画廊(03)3246-4310

-冬よ、来い- 渡邊 佳織展

-狛犬- 高山 光展

  • ■1月7日(水)→13日(火)
  • ■6階 美術画廊
    ※最終日は午後4時閉場。

高山先生は1943年、三重県に生まれ、近藤悠三、加守田章二の両氏に師事されました。
1967年に独立後は三重県白山の地に築窯し、精力的に制作活動を続けています。
高島屋においては、これまでに大壷展、大皿展など、展示毎にテーマを定めた個展を開催し、ダイナミックかつ創造性溢れる陶の世界を築いてこられました。
昨今では、狛犬というテーマを新たに見出し、ユニークかつ生命感溢れる高山先生独自の造形表現に挑んでおられます。
本展では、個性豊かな大小さまざまの狛犬、約30点の展観となります。

お問い合わせ:6階 美術画廊(03)3246-4310

-狛犬- 高山 光展

<2階アートアベニュー> 亀江 道子 −かぐわしい光ー

  • ■12月3日(水)→2015年1月13日(火)
  • ■2階 アートアベニュー
    ※最終日は午後5時閉場。

1978年横浜市生まれの亀江先生は、2006年京都伝統工芸専門学校卒業後、渡欧。以降8年間にわたり、独、仏と居を移しながら作陶を続けて、今年の春に帰国。京薩摩焼の伝統技法を用いながら、欧州に住まうことで改めて感じた「日本」の美意識や独自の世界観を、細密な色絵金彩で描きます。
華麗なだけではなく、深層にひそむ、毒気をはらんだ生命のなまめかしさを表現するその作品は、日本文化と西洋の空気を織り交ぜているかのよう。帰国後初の個展開催となります。

お問い合わせ:6階 美術画廊(03)3246-4310

※年末年始営業のご案内:
12月31日(水)は全館午後6時まで。
1月1日(木・祝)は休業日。
1月2日(金)は午前10時~午後7時の営業。

<2階アートアベニュー> 亀江 道子 −●●●●●●ー

日本橋タカシマヤ nihombashi

営業時間

午前10時~午後8時
※レストラン街は午後9時30分

《年末年始の営業日・営業時間》
※12月31日(水)午前10時~午後6時(全館)
※1月1日(木・祝)休業日
※1月2日(金)午前10時~午後7時
※1月3日(土)より午前10時~午後8時
※地下2階・8階レストラン街、8階特別食堂は1月2日(金)より午前11時から午後9時30分まで営業

住所・電話番号

〒103-8265
東京都中央区日本橋2丁目4番1号
TEL:(03)3211‐4111
※電話番号は市外局番を含めて、お間違えのないようおかけくださるようお願いいたします。

地図・駐車場 地図・駐車場