2018 S/S Special Talk 対談

イメージ画像

Talk1 人生の豊かさ マウリツィオ・バルダサーリ × ロベルト・バルダサーリ「豊かな時間が、尽きない情熱と独創性を支える」→

トスカーナ州モンテベニーキ村。マウリツィオ・バルダサーリは、週末ここで過ごす時間を大切にしている。今回は、彼の息子でありアジア担当ディレクターを務めるロベルトとともに、ライフスタイルや人生観、ビジネスへの想いを語った。

トスカーナでの暮らし、オリーブ作りの始まり。

マウリツィオ:私がトスカーナと出会ったのは1973年。当時は繊維業が盛んで、世界中のファッションデザイナーがフィレンツェに集まっていました。私もその頃フィレンツェで、あるファブリックデザイナーと知り合い、彼の農場に招かれたのですが、その時に見た美しい風景、木々や草花の色、地元のワインや料理の豊富さに一瞬で引き込まれ、トスカーナに一目惚れしてしまったのです。廃墟となっていた農家と60ヘクタールの土地をすぐに購入。オリーブの木900本も入手し、オリーブ作りに愛情と情熱を注ぐようになりました。空気に触れ、土に触れ、植物の成長を見守ることで味わう感動は、それまでのあらゆる労力が報われるものでした。

イメージ画像

ロベルト:私も父とオリーブ作りをしていますが、トスカーナの気候はオリーブ栽培に非常に適しています。良い環境で育ったオリーブから作られるオイルは酸度が低く、ポリフェノールが多く含まれているので健康的です。幼い頃から、私たち家族の食卓に心地良い香りづけをしてくれています。

マウリツィオ:オリーブ作りにおいて、私は育成から剪定、収集、搾油まで多岐に渡る製造工程のすべてを管理する立場です。気候が不安定なシーズンも当然あります。毎年必要な作業を想定し、準備しなければなりません。最初は難しく試行錯誤を繰り返しましたが、今では理想的な体制と徹底した製造工程の管理を実現しています。

トスカーナとミラノ、共存するライフスタイル。

ロベルト:人生で大切なものは様々ありますが、私にとっては家族です。それから、互いを理解し、信頼しあう仲間も、人生をともに過ごす大切な存在です。トスカーナで家族や仲間と過ごすリラックスした時間が、生きる活力を与えてくれるのです。

イメージ画像

マウリツィオ:ファッションビジネスの拠点は、あくまでミラノですが、ミラノでビジネスをしていると、どうしてもここに来たくなる。トスカーナで休日を過ごし、自分自身を解放する、仕事ではできないことを経験する、家族と向き合う。この時間が、人生の幅を広げてくれるのです。トスカーナとミラノ、これからもふたつのライフスタイルをミックスさせながら、人生を美しく謳歌し、ファッションに情熱を注いでいきたいです。

閉じる

イメージ画像

Talk2 妥協なきクオリティー ロベルト・ネリ × ロベルト・バルダサーリ「揺るぎない信頼関係から生まれる、確かな品質」→

トスカーナ地方にある2000以上の農家がひとつの組合を組織し、バルダサーリが栽培したオリーブからオイルを製造している。搾油工場オーナーのひとり、ロベルト・ネリ氏を訪ねた。

トスカーナ産ならではの風味、味わい。

ネリ:トスカーナでは、1000年以上前からオリーブを栽培していますが、温暖な地中海の南側に比べると収穫量は多くありません。しかし、このエリアで収穫したオリーブから作るオイルは、フルーティで酸味が少なく、洗練された味わいに仕上がります。

ロベルト:青々としたオリーブの実を連想させる香りも魅力ですよね。

イメージ画像

「ボルゴ」に通じる、パートナーシップ。

ロベルト:トスカーナオイルならではの“クオリティー”ですね。我々も、バルダサーリブランドにしか生み出せない“クオリティー”を守り、高めていく努力を続けています。

ネリ:御社と長くパートナー関係にある理由は、その点だと思っています。クオリティーを大事にするという、共通した理念があること。志を共有することで職人同士が互いを理解し、信頼し合えるのです。

ロベルト:イタリアには「村」や「地区」を意味する「Borgo(ボルゴ)」という言葉がありますが、オリーブ栽培においても、ファッションビジネスにおいても重要な要素になると思っています。パートナーとなる職人やメーカーが近くにいて、直接的なコミュニケーションを図りながら、質の高いコラボレーションを実現する。

ネリ:ものづくりの原点ですね。

ロベルト:これからもパートナーシップを固く結びながら、御社とのコラボレーションを続けていきたいと願っています。

閉じる

【マウリツィオ バルダサーリ】左から : ロベルト・バルダサーリ、 レナート・バルダサーリ、 マウリツィオ・バルダサーリ

1960年にミラノを代表する百貨店リナシェンテでバイヤーに就任し、ファッションビジネスにデビューしたマウリツィオ バルダサーリ。その後、アメリカで研鑽を重ね、1983年ミラノで最初のコレクションを発表。以来、2人の息子とともにイタリアの感性を生かした「ラフィナート・カジュアル(上質で洗練されたカジュアル)」を世界各国に発信し続けている。一方で、週末はトスカーナの別荘で家族との時間を尊重。そのライフスタイルは、有名ファッション誌でも紹介されている。

STORE 取扱店舗

日本橋店 6階 TEL(03)3211-4111
新宿店 オム・メゾン5階 TEL(03)5361-1111
玉川店 4階 TEL(03)3709-3111
横浜店 6階 TEL(045)311-5111
柏 店 本館6階 TEL(04)7144-1111
高崎店 4階 TEL(027)327-1111
大阪店 4階 TEL(06)6631-1101
泉北店 4階 TEL(072)293-1101
京都店 4階 TEL(075)221-8811
米子店 3階 TEL(0859)22-1111
岡山店 5階 TEL(086)232-1111
ジェイアール名古屋タカシマヤ 8階 TEL(052)566-1101
いよてつ高島屋(松山) 5階 TEL(089)948-2111
  • ※商品により発売時期、取り扱い店舗が異なります。
  • ※価格表示のない小物等はコーディネート用です。
  • ※価格は消費税を含む総額にて表示しております。

topへ