こちらでご紹介しております商品について、バレンタイン体裁での販売は終了いたしました。

バレンタイン

“予習”必須!オトナ女子にも本命にもおすすめのバレンタインチョコ2018年版!

本命カレだけでなく、お世話になったみなさんへの贈りものとしてこだわりのチョコレートを贈るのがバレンタインデーの楽しみです。近年は、大人の女性が「自分へのご褒美」として購入するニーズも過熱しているとのこと。そこで、高島屋バイヤーいちおしのチョコレートの中から、「おいしくて見た目も楽しめる」贈りものとして好適なチョコを、ショコラコーディネーターがレコメンドします。絶対にハズせない老舗人気ブランドや新進気鋭の注目ブランド、人気ブランドの新商品など……思わず複数買いしたくなる最愛チョコをぜひ見つけてみてくださいね。

協力:All About
※画像はイメージです

【おすすめしてくれたのは?】

市川歩美さん(いちかわ あゆみ)

チョコレートの魅力を雑誌、ラジオ、TV、情報サイトなど各種メディアに発信する、ショコラコーディネーター。お薦めチョコレート紹介や最新情報、チョコレートのある素敵なライフスタイルも提案。All Aboutチョコレート ガイドを務める。

さすが! 最新のクリエイティビティに感激
GODIVA(ゴディバ)の「シェフ ヤニック インスピラション(4粒入)ノワゼット」

1926年、ベルギーのブリュッセルで創業したブランド「ゴディバ」は、すでに高級チョコレートの代名詞的存在。シーズンごとに美意識の高いパッケージに包まれたチョコレートは、プレゼントにもおすすめです。実は長年、ゴディバのチョコレートに注目してきている私ですが、改めて「やっぱりゴディバはすごい」と思わせてくれる素晴らしいコレクションが2018年バレンタインに登場。これは絶対に見逃せません!

世界で5人のゴディバのショコラティエのひとり、ヤニック・シュヴォロー氏が日本のためだけに作ったレシピによる、日本素材を使ったコレクション。 ローストしたヘーゼルナッツの香ばしいプラリネをミルクチョコレートで包み、キャラメライズしたヘーゼルナッツをトッピングしたノワゼットも魅力的。しかもこの「ノワゼット」、シンプルながら“すごくおいしい”のです。自分のご褒美と本命へのギフトに、2セットいかが?

バレンタイン体裁での販売は終了いたしました

クールなデザイン、テイストにサプライズ!
CACAO SAMPAKA(カカオ サンパカ)のスパークル コレクション 「セシリア(6個入)」

カオ サンパカはスペイン王室御用達のショコラテリアです。実は秋にスペインを訪れ、マドリード店へ行ってきましたが、目移りするほどチョコレートの種類が豊富! スペイン最大のカカオ豆の輸入、チョコレート原料製造会社「Nederland(ネダーランド)」が母体で、カカオ豆からチョコレート作りをしています。

さて、バレンタインシーズンのおすすめは、というと、赤・黒・白の対比あるカラーもシェイプもモダンなスパークル コレクション「セシリア(6個入)」。どれもナッツやフルーツを楽しめるフレーバーですが、中でも「BLACK」「BEIGE」「WHITE」「MILK」には、お口に入れるとパチパチはじける粒キャンディー(ペタセタ)がガナッシュに練りこまれており、まさにスパークリングなサプライズショコラに仕上げられています。「BLACK」はバナナ、「BEIGE」はヘーゼルナッツ、「EMBLEM」はオレンジ、「RED」はラズベリー、「WHITE」はピスタチオ、「MILK」はアーモンドのフレーバー。さまざまな味わいの中でペタセタがはじけ、香りを豊かに昇華させます。パッケージもまさに美チョコで、黒いボックスに白のロゴは、和のインテリアにも合うシックなデザイン。お世話になった目上の方や、大人の男性へのプレゼントにもおすすめです。

バレンタイン体裁での販売は終了いたしました

人気ブランドのガナッシュのベストセレクション!
DEBAILLEUL(ドゥバイヨル)の「セレクション ド ガナッシュ」

「ドゥバイヨル」は、女性ファンが多いベルギー発のチョコレートブランドです。バレンタインには「自分へのご褒美」として、ドゥバイヨルのベストセレクションともいえるガナッシュのセットを選んでみては? アールグレイ風味のビターガナッシュ、フランボワーズのパートドフリュイとガナッシュを重ねたチョコレート、バニラが甘く香るビターガナッシュなど、一粒食べるごとにほっとするような豊かな気持ちになれるほど。そしてたくさんファンがいるもう一つの理由は、心躍るパッケージセンスです。いつまでもそばに置いておきたくなる可愛らしさが毎年ファンの心を釘づけにしています。ぜひ実際に、手に取ってごらんください。

バレンタイン体裁での販売は終了いたしました

日本のショコラティエの先駆者の技を
ORIGINES CACAO(オリジンヌ・カカオ)の「ショコラ詰合せ 8個入り」

「オリジンヌ・カカオ」といえば、チョコレートの世界では言わずと知れた有名シェフ、川口 行彦氏による名店です。世界のトップシェフがメンバーとして名を連ねるヨーロッパの洋菓子協会「ルレ・デセール」のメンバーとしても知られています。

そんな川口シェフによる味を堪能できるのがこのセットです。ブランドロゴをあしらったビターガナッシュ、フルーツやナッツ、オリーブオイルのガナッシュなどを味わえるボックス。チョコレート職人が丁寧に手作りするボンボンショコラをじっくり楽しむ時間を自分にプレゼントしましょう。味にこだわるグルメな本命の彼への贈りものとしても喜ばれることでしょう。

バレンタイン体裁での販売は終了いたしました

私も現地を訪問! 心動かされたイタリアの老舗
D.BARBERO(バルベロ)の「トリュフ茶缶」

1883年イタリアのピエモンテ州で創業した老舗「D.BARBERO(バルベロ)」のチョコレートは、まさに時を越えて愛される味。また、2017年の秋、本店とファクトリーに伺いましたが、すべての素材を吟味・厳選し、すべての職人さんたちがこの老舗を愛し、誇りを持って手作りしている様子に感動しました。クラシカルなデザイン缶も、老舗ブランドである証です。

このトリュフチョコレートは、ローストしたカカオ豆を砕いた粒が入っており、ひとつひとつがキャンディのような個包装なので、差し入れや手土産にも重宝します。ヘーゼルナッツもたっぷりで一粒食べるたびに“これを日本でいただけるなんて!”と感慨すら感じるほど。老舗のこだわりや歴史に思いを馳せる、ティータイムのお供におすすめです。

バレンタイン体裁での販売は終了いたしました

チョコを選ぶには「予習」が必須な時代に突入!?

※画像はイメージです。

い人にチョコレートを贈るという甘酸っぱいイベントだったバレンタインデー。最近は、全国のチョコ好き達が、世界中から集まるチョコレートに熱狂する、そんな「チョコ愛」が溢れるイベントになりつつあるようです。

「近年は、大規模なチョコレートイベントも多数行われており、デパート各店では、お目当てのブランドやシェフの来日、限定商品の発売などあり、大盛況となっています。なかには、“チョコ貯金”をして、オトナ買いすると意気込む人までいらっしゃいますね。チョコレートはどなたにも喜んでいただける贈りものとしてはもちろん、自分へのご褒美“自分チョコ”としても愛されています。だからこそ、事前に予習をして情報収集するところから、バレンタインの楽しみが始まっているんです」と市川さん。さらに、2018年のチョコレートの傾向を伺うと、市川さんの注目は“美チョコ×美味チョコ”だとか!

「やっぱりチョコレートは、“味に満足”できるものが一番。ですが、最近はSNSに投稿し、チョコ仲間同士で情報交換して盛り上がる楽しさも。やっぱり両方欲しいのが本音ですよね」。ますますおいしさと美しさを両立するチョコレートに注目が集まりそうです! 何度でも食べたい老舗ブランドや人気ブランド、見逃せない初上陸ブランドや新進気鋭の注目ショコラティエのチョコレート、サプライズを与えてくれる新食感や新デザイン……様々な目線で、自分だけの一粒を見つけたいものですね。

SNSに投稿する