HENRI LE ROUX ブルターニュの加塩バターがたっぷりと入った、甘さと塩味のコンビネーションを味わう大人のためのキャラメル『C.B.S.(セー・ベー・エス)』。 1977年、フランス・ブルターニュ地方の小さな港町キプロンで、一人のショコラティエ アンリ・ルルーが創り上げたのは、誰もが初めて味わう、誰にも真似できないキャラメルでした。C.B.S.は、たちまち世界の美食家たちを魅了。アンリ・ルルーは、アルチザンとして高い評価を得ただけでなく、世界でただ一人、キャラメリエ(キャラメル職人)の称号を手にしています。

「ルルー」。詩情あふれる、その響き。

ブルターニュの海辺の街キブロンのテロワールと職人気質が生んだ至高の味わいのキャラメル

C.B.S. とは、Caramel au Beurre Sale(キャラメル・ブール・サレ=塩バターキャラメル)の頭文字をとったもの。ブルターニュが誇る名産・ゲランドの塩を練り込んだ有塩バターは、19 世紀初頭に“美食家のためのバター”として珍重されました。

ルルーは、そのバターを練り込み、やわらかなキャラメルを作りました。「指にはつくが、歯にはつかない」という、なめらかなやわらかさ。甘さのなかに感じる絶妙な塩味。砂糖や水あめを最低限に抑え、素材の味を引き出すために、日々、素材の状態を目で見て、舌で感じ、さらに気温や湿度によって作り方や配合を微妙に変えていくという職人技が、ひと粒のキャラメルを作り上げているのです。

みずみずしいフルーツの味わいやキャラメル独特の香ばしさ、やわらかさは、スイーツ界でも“真似のできない見事なキャラメル”として認められています。

名品誕生物語

RANKING

ランキング

アイテム一覧

1-5件(全5件)
1-5件(全5件)