トップ > フード・スイーツ >

GOKAN(五感)

価格で絞り込む

~¥

人気のショップ

GOKAN(五感)
歴史
1958年、父 明孝が洋菓子の卸売業を始め、1978年、大阪市東淀川区にて小売店を始めました。私、美明も加わり地域で愛される洋菓子店を目指しました。
2003年、デパートからの依頼で地域密着型ではなく、デパートブランドとして初声をあげ、2005年北浜本館誕生。2012年現在、直営2店舗、デパート4店舗、計6店舗にて運営しています。
国産素材への強い想い
まず「五感」ブランドを創るに至った動機は、「減反政策」「食料自給率40%」に対する疑問と危機感です。幼少の頃からお米の大切さ、食料の大切さ、もったいないという心、人に対する感謝の気持ちを両親から教えられ、「出来うる限り国産素材で洋菓子を創る」と考えました。つまり日本の農家さんと共に菓子創りをするという想いに至り、また和菓子の京都、洋菓子の神戸といわれる中、自分の生誕の地、大阪で人々に喜ばれ愛される菓子創りをする事を決意しました。そして、現在では代表商品に「お米の純生ルーロ」「ええもん」など、国産素材のみで出来たお菓子があります。
名品の誕生秘話
2003年、五感ブランド誕生に至るまで、たくさんの先輩にお世話になりました。
五覚五感に訴えかける菓子創り・店創り・人創りをするという想いから五感というブランド名が誕生し、浅田の五感とは何かと突き詰めて、火・水・風・土・愛(自然と愛)という世界が生まれ、出来るだけナチュラルで人と人を大切にした素材を使って、また農家さんと共に菓子創りをするという想いから今日に至っています。中でもお米は日本人の主食。そればかりか、昔から神が宿るものと崇められる食べ物。そのお米を使って初めに出来た商品が「お米の純生ルーロ」です。今では「五感重巻」や「穂の一」なども米粉のみで作られており、「ええもん」にも国産小麦と共に米粉を加え、国産素材のみで作っています。これからも素材作りに想いを入れていきたいと考えています。

GOKAN(五感)

1-16件目(全16件)

1-16件目(全16件)