本文へジャンプ

新宿タカシマヤ

  • 各階トピックス
  • 催しのご案内
  • ブランド検索
  • フロアガイド
  • サービスのご案内
  • 地図・駐車場

東京家政学院大学

youtube http://www.kasei-gakuin.ac.jp

地食
東京家政学院大学季結月最中(ゆづきもなか)
1個173円
風味豊な夏蜜柑を使用した最中です。葉山・夏蜜柑の特徴でもある、強めの酸味を活かしながら柔らかな甘さの「白餡」で仕上げました。最中種は白焼きに「塩」を入れてアクセントをつけています。
制作秘話
神奈川県葉山町では古くから夏ミカンが栽培されてきたが、ほとんどは各家庭で食されているのみで、十分に活用されていない。そこで、夏ミカンを用いた加工食品を葉山町の特産品として開発することを目指して研究を実施した。研究においては、葉山町で開催された各種イベントに参加し、開発品の試食やアンケート調査を行い、調査結果をもとに改良を重ね、よりレベルの高い商品を提案することを目指した。
東京家政学院大学夏蜜柑羊羹
1個864円
白餡の羊羹に「葉山・夏みかん」のピールを合わせた甘さ控えめの羊羹です。
葉山の夏みかんは昭和34年、葉山町では天皇陛下ご成婚のお祝いに多くの夏みかんの苗木が配られました。いつしか苗木は大きく育ち、毎年大きな 果実を実らせるようになりました。その夏みかんを使用しています。
東京家政学院大学ゆずベーグル
1個216円
国内産のゆず皮を一度お砂糖につけて食べやすくしております。ゆずの芳醇な香りとベーグルのもちもち感の相性は抜群です。
制作秘話
品開発にあたっては、当初は、大学の調理実習室で試作を行っていたが、実際の工場生産とは条件が大きく異なるため、思うようなベーグルに仕上がらず、検討がなかなか進まなかった。そこで、後半は、企業に出向き、社員の指導を仰ぎながら試作を行い、その結果、精度の高い試作品を作ることができ、開発研究も加速した。
また、同社には本学調理学研究室の卒業生が在籍している。本研究の過程や、その後の商品化に向けての検討においては、同先輩社員より指導や助言を得ており、このことが本商品の開発に大きく貢献している。
  • 地地域連携した商品です。
  • 品品質向上をめざした商品です。
  • 食これからの食を提案した商品です。
  • 自自給率アップに貢献した商品です。
  • 学学生のアイデアから生まれた商品です。